【メーカーが解説】ポータブル電源で扇風機は何時間使用できる?おすすめポータブル電源も紹介

ポータブル電源で扇風機は何時間使用できる?おすすめポータブル電源も紹介

ポータブル電源で扇風機を使用すると、何時間使用できるのかご存知ですか?途中でバッテリーが切れてしまっては困るので、扇風機を何時間使用できるのかを知っておくことは、いざというときにとても役に立ちます。

この記事では、ポータブル電源で扇風機を使う際に何時間使用できるのか、またポータブル電源で使用できる扇風機の種類などをご紹介します。

ポータブル電源で扇風機を稼働する必要性

ポータブル電源で扇風機を稼働する必要性は何でしょうか?

具体的な使用例として、おもに次の3つがあります。

 

・キャンプや車中泊

・停電時

・節電

 

それぞれの詳細を見てみましょう。

●キャンプや車中泊

キャンプなどのアウトドアや、長距離ドライブでの車中泊において、夏ならば扇風機は欠かせません。なぜなら、キャンプではテントの中で寝ることになるので冷房が使えず、車中泊でも夜通し冷房をつけておくことは、燃料の消費や環境面などで適切とは言えません。

また、最近では小型の扇風機が数多く販売されているので、キャンプや車中泊に向いている商品の選択肢が増えています。

具体的には、ひと昔前には存在すらしていなかったDCモーターの扇風機や、持ち運びに便利なポータブル扇風機、USB端子を利用できる扇風機などです。

これらの要因から、以前よりもキャンプや車中泊で扇風機が利用しやすくなったと言えるでしょう。

●停電時

地震や台風などの自然災害や、電力会社のトラブルなどによって停電してしまったときには、冷房をいつものように使うことができません。

そんなときのために、あらかじめポータブル電源で扇風機を使えるようにしておくと安心です。なぜなら、日本の夏の暑さは近年ますます厳しくなっており、冷房が使えないことは命にもかかわるからです。

たとえ停電で冷房が使えなくなっても、扇風機が使えれば当面はしのげるでしょう。具体的には、部屋の中に直射日光が入らないようにして扇風機を使えば、冷房がなくてもそれほど暑くはないし、寝苦しい夏の夜にも扇風機があれば安心して寝られます

これらの要因から、停電時に扇風機を使用できるようにしておくことは重要です。

●節電

ポータブル電源を利用して扇風機を使うことは、節電効果も得られます。

なぜなら、ご家庭の契約プランによっては、安い夜間電力でポータブル電源を充電できるからです。

具体的には、夜間電力を利用してポータブル電源を充電しておき、昼間にその電力を使用して扇風機を使うという方法です。

また、DCモーターの扇風機を使用すると、同じ電力でも長時間使用できるので節電効果があります。

さらに、エアコンと扇風機を併用すれば、エアコンの温度をそれほど下げなくても十分に涼しいので、エアコンの消費電力も減らすことができます。

これらの要因から、ポータブル電源で扇風機を使うことは節電効果が得られるのです。

ポータブル電源で使用できる扇風機の種類

ポータブル電源で使用できる扇風機の種類

ポータブル電源で使用できる扇風機は、おもに次の3種類があります。

・ACモーター扇風機

・DCモーター扇風機

・USB扇風機

以下で、それぞれの特徴を順に解説します。

 

●ACモーター扇風機

ACモーター扇風機は、最も一般的に使用されている扇風機です。各家庭のACコンセントから直接扇風機に電気を供給して使用するタイプで、どこの家庭にも必ず1台はあるでしょう。

ACモーター扇風機のメリットは、家庭用のACコンセントにそのまま差し込めばすぐに使用できることです。

また、昔から流通量が多いこともあって価格が安いこともメリットで、2千円程度の扇風機でも十分に威力を発揮します。

逆にACモーター扇風機のデメリットは、細かい風力設定ができないことで、おもに「強・中・弱」の3段階切り替えが主流です。

さらに、消費電力が高いことや回転音が大きいこともデメリットとなるでしょう。

 

●DCモーター扇風機

DCモーターの扇風機は、2010年にバルミューダから世界で初めて発売されました。当時は3万円以上する高級品でしたが、身体にやさしい風が好評でヒット商品となりました。それ以来、さまざまなメーカーからDCモーターの扇風機が発売されています。

DCモーター扇風機のメリットは、おもに次の4つがあります。

・風量の細かい調整が可能

・消費電力が少ない

・回転音が小さい

・自然の風に近くて身体にやさしい

DCモーターの扇風機は、風量を10段階程度に調整できるほか、回転音が小さいので、音に敏感な方でも安心して寝られるでしょう。

また、消費電力はACモーター扇風機と比べると約半分以下に抑えられます。

参考:バルミューダ「The GreenFun」

逆に、DCモーター扇風機のデメリットは、ACモーター扇風機に比べて価格が高いことで、最も安価な製品でも5千円程度はかかります。

ACモーターとDCモーターの特徴の違い

ここでは、ACモーターとDCモーターの特徴の違いを表にまとめてみましたので、参考にして下さい。

 

 

AC

DC

電源

交流

直流

消費電力

大きい

小さい

回転音

大きい

小さい

風量の調整

3段階程度の切り替えのみ

微調整が可能

価格

安価(約2,000円~)

高価(約5,000円~)

身体への影響

負担がかかりやすい

負担が少ない

 

●USB扇風機

USB扇風機とは、その名のとおりUSBポートから電気を供給して使用するタイプの扇風機で、他の扇風機よりコンパクトなボディのものがほとんどです。

モバイルバッテリーやPCに端子を差し込めば使えるので、外出先などで重宝するため、暑さの厳しい近年では多くの商品が販売されています。

USB扇風機のメリットは、おもに次の3つがあります。

・持ち運びに便利

・好きな場所に置ける

・消費電力が小さい

USB扇風機は、そのコンパクトなボディゆえに、どこへでも持ち運んで使用できます。

キャンプなどのアウトドアで使用したり、出張先のノートPCに接続したりできるほか、ハンディタイプならばちょっとした外出にも持参できて便利です。

また、消費電力が小さいので、他の扇風機に比べて長時間使用できます。

逆に、USB扇風機のデメリットは、風力が弱いことです。

ポータブル電源で扇風機は何時間使用できる?

ポータブル電源で扇風機は何時間使用できる?

ここでは、ポータブル電源で扇風機を何時間使用できるのかを解説します。

使用するポータブル電源を、「Jackeryポータブル電源2000Plus」(容量2,048Wh)と仮定し、1台の扇風機のみ使用した場合で解説しています。ポータブル電源の稼働時間の計算方式は下記です。

  1. ポータブル電源容量(Wh)× 0.8 ÷ 使う電気製品の消費電力(W)= 使える時間(h)

●ACモーター扇風機の場合

ACモーター扇風機の場合は、周波数によって消費電力が少し異なるため、使用できる時間にも少し差があります。

消費電力は、50Hz地域で約10~35W、60Hz地域で約12~37Wです。

ACモーター扇風機の場合は、「弱・中・強」の3段階の風量調整ができるタイプがほとんどで、「強」で使用した場合の消費電力(35~37W)で使用できる時間を計算してみます。

・50Hz地域:2,048×0.8÷35=46.8

・60Hz地域:2,048×0.8÷37=44.2

つまり、Jackeryポータブル電源2000PlusでACモーター扇風機を使用した場合、44~46時間程度は使用できることになります。

●DCモーター扇風機の場合

DCモーター扇風機の場合はACモーター扇風機よりも消費電力が少なく、かつACモーター扇風機よりも弱い風を発生させることができるので、消費電力は約1.5~20Wという範囲になります。

ここでは、最も強い風力を使用する20Wの場合で計算してみます。

・2,048×0.8÷20=81.92

つまり、Jackeryポータブル電源2000PlusでDCモーター扇風機を使用した場合、約82時間程度は使用できることになります。

●USB扇風機の場合

USB扇風機の場合は、小型の扇風機がほとんどなので、消費電力はさらに少なくなり、一般的には約5~10W程度です。

ここでは、最も強力なクラスの10Wで計算してみます。

・2,048×0.8÷10=163.4

つまり、Jackeryポータブル電源2000PlusでUSB扇風機を使用した場合、約163時間程度は使用できることになります。

これらの結果から、Jackeryポータブル電源2000Plusで扇風機のみ使用した場合の運転時間は、以下のとおりです。

 

ACモーター扇風機

DCモーター扇風機

USB扇風機

運転時間

(最大風量の場合)

50Hz地域:約46時間

60Hz地域:約44時間

約82時間

約163時間

 

扇風機を使えるポータブル電源の3つの選び方

ここでは、扇風機を使いたい場合のポータブル電源の選び方を解説します。ポータブル電源を選ぶ際に、チェックしておくべきポイントは次の3つです。

・容量

・定格出力

・出力ポート種類

以下で、それぞれの詳細を順に解説します。

●容量

容量とは、ポータブル電源で使用できる電気の量のことで、Wh(ワットアワー)で表されます。

容量を確認しておく理由は、容量が大きいポータブル電源ほど、扇風機を長時間使用できるからです。

また、他の家電製品と同時に使用したい場合にも、容量が大きいほど扇風機と家電製品を併用しながら長時間使用できます。

●定格出力

定格出力とは、一度に出力できる電力の値のことで、W(ワット)で表されます。

定格出力を確認しておく理由は、一度にどれだけの家電製品を使用できるのかを把握しておくためです。

扇風機は家電製品の中では消費電力が小さいのですが、消費電力の大きい他の家電製品と同時に使用することを想定しているならば、定格出力の確認が必要です。

●出力ポート種類

ポータブル電源で扇風機を使用したい場合は、必ず出力ポートの種類を確認しましょう。

なぜなら、使用する扇風機の出力端子に合った出力ポートがなければ、扇風機を使用できないからです。

Jackeryのポータブル電源ならば、ACポート・USBポート・シガーソケットの3種類が設置されているので、安心してお使いいただけます。

扇風機に適したポータブル電源おすすめ3選

扇風機に適したポータブル電源おすすめ3選

ここでは、扇風機の使用に適したポータブル電源おすすめ3選をご紹介します。

3種類全てのポータブル電源で6枚までのソーラーパネルを接続が可能で、いずれのモデルも「安心の3年+2年保証」付きです。

●Jackery ポータブル電源 2000Plus|ジャクリポータブル2000プラス

Jackeryポータブル電源2000Plus」は、2023年6月14日に発売を開始した新製品です。Jackeryポータブル電源で初めて「リン酸鉄リチウムイオンバッテリー」を搭載したことにより、超長寿命と高い耐熱性を実現しました。4000サイクル数という長寿命を実現して、毎日使っても10年間以上使えます

また、Jackeryポータブル電源で唯一、専用アプリを使用できるので、スマートフォンから遠隔操作が可能です。

AC出力を3ポートと、USB-A・USB-C出力をそれぞれ2ポートずつ備えているので、同時に複数の扇風機を使用することもできます。

扇風機の使用はもちろんのこと、消費電力の高いほとんど全ての家電製品を使用することができるうえに、EVの充電にもご利用いただけます。

世界累計販売台数300万台以上を誇るJackery(ジャクリ)の最高モデルを、ぜひお手に取ってみて下さい。

製品名 Jackery ポータブル電源 2000 Plus

容量

2042.8Wh(最大24kWhまで拡張可能)

定格出力

3000W/正弦波(最大瞬間出力:6000W)

出力ポート数

ACⅹ5、DCⅹ1、USBⅹ4

充電時間

AC充電:2時間
ソーラー充電:最速2時間
シガーアダプター:25時間

寿命/サイクル数

約4000回サイクル
※4,000回サイクル放充電後も工場出荷時の容量の70%以上をキープできます。

保証期間

5年間

●Jackery ポータブル電源 2000Pro|ジャクリポータブル2000プロ

Jackery ポータブル電源 2000 Pro」は、2160Whという大容量を持っています。

扇風機で使用できる出力ポートは、AC出力を3ポートと、USB-A・USB-C出力をそれぞれ2ポートずつ備えています。

高速充電機能を搭載しており、ACコンセント充電もソーラー充電も最速2.5時間でフル充電できます。

扇風機を長時間することができるうえに、消費電力が高い家電製品も問題なく使用できるので、非常用電源としておすすめのモデルです。

製品名 Jackery Solar Generator 2000 Pro

容量

2160Wh

定格出力

2200W/正弦波(最大瞬間出力:4400W)

出力ポート数

ACⅹ3、DCⅹ1、USBⅹ4

充電時間

AC充電:2.5時間
ソーラー充電:最速2.5時間
シガーアダプター:24時間

保証期間

5年間

●Jackery ポータブル電源 1500Pro|ジャクリポータブル1500プロ

Jackery ポータブル電源 1500 Pro」は、扇風機が使用できるAC出力を3ポートと、USB-A・USB-C出力をそれぞれ2ポートずつ備えたポータブル電源です。

1512Whの大容量によって扇風機を長時間使用でき、消費電力が1000Wを超える家電製品も安心してお使いいただけます。

製品名 Jackery Solar Generator 1500 Pro

容量

1512Wh

定格出力

1800W/正弦波(最大瞬間出力:3600W)

出力ポート数

ACⅹ3、DCⅹ1、USBⅹ4

充電時間

AC充電:2時間
ソーラー充電:最速2時間
シガーアダプター:16.5時間

保証期間

5年間

まとめ

ポータブル電源で扇風機を何時間使用できるのか把握しておくと、いざというときに役に立ちます。まだポータブル電源をお持ちではない方は、扇風機以外にもさまざまな用途で使えるポータブル電源を用意しておくと、停電時などに安心して過ごせるでしょう。Jackeryのポータブル電源ならば、高い安全性が保証されているので、初めてポータブル電源をお使いの方にもおすすめです。の機会にぜひJackeryのポータブル電源の導入をご検討ください。


コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。


送信