【メーカーが解説】ポータブル電源で電子レンジが使える!製品の選び方・おすすめ商品を解説

ポータブル電源でも電子レンジを使いたい!製品の選び方を徹底解説

今の時代、電子レンジを手放せない方も多いのではないでしょうか。食物をスピーディーに温められる手軽さは、魅力的です。特に「停電したときこそ電子レンジを使って、温かい食事を取りたい」といった希望をお持ちの方も、多いのではないでしょうか?

この記事ではポータブル電源で電子レンジを使いたい方に対して、どのような製品を選べばよいか、電子レンジとポータブル電源それぞれについて解説します。

電子レンジはポータブル電源で使えるか?

ポータブル電源から給電し、電子レンジを動かすことは可能です。一方でポータブル電源製品を選ぶ際には、注意しておきたいポイントが4つあります。どのような項目をチェックする必要があるのか、順に確認していきましょう。

●電子レンジは起動電力の高さに要注意

電子レンジを動かす方式は、以下の2つに分かれます。

高圧トランス式

インバーター式

高圧トランス式の電子レンジは、起動する際に必要な「起動電力」の大きさに注意が必要です。そもそも電子レンジの定格消費電力は大きく、1000W~1500Wを要する機器も少なくありません。起動電力は定格消費電力の2倍から3倍に達する場合があること、メーカーに問い合わせても正確な数値が開示されない場合があることに注意が必要です。

製品本体に「高圧トランス式」と書かれている機器はほとんどありませんが、見分け方はあります。本体に「50ヘルツ専用」「60ヘルツ専用」と書かれている、あるいはセールでもないのに価格が1万円を切るような電子レンジは、高圧トランス式と考え取扱いに注意しましょう。

一方でインバーター式の電子レンジは、起動時の電力が極端に大きくなりません。このためポータブル電源の定格出力が電子レンジの定格消費電力を上回れば、給電が可能です。

なお電子レンジには目立つところに「500W」「600W」「700W」などのボタンやつまみがありますが、これは庫内の食品を温めるエネルギーを示す「定格高周波出力」です。定格消費電力は取扱説明書などでご確認ください。

●ポータブル電源は定格出力と最大瞬間出力を要チェック

電子レンジは大きな電力を要する家電です。とりわけ高圧トランス式の場合は、起動時に大きな電力を要求することに注意が必要です。このためポータブル電源を選ぶ際には定格出力に加えて、最大瞬間出力もチェックしましょう。以下の要件を満たす機器を選んでください。

電子レンジの定格消費電力が、ポータブル電源の定格出力を下回ること

電子レンジの起動電力が、ポータブル電源の最大瞬間出力を下回ること

ポータブル電源の最大瞬間出力は、少なくとも電子レンジの定格消費電力の2倍以上ある製品を選んでください。より確実さをお求めの方は、3倍以上の最大瞬間出力の値が記されたポータブル電源を選びましょう。

関連人気記事:「徹底解説」用途別のポータブル電源容量目安を紹介

●60ヘルツ専用のポータブル電源で50ヘルツの電子レンジは使えない

日本で供給されている電力の周波数は、地域により以下の2種類に分かれています。

周波数

電力会社

50ヘルツ

北海道電力、東北電力、東京電力

60ヘルツ

中部電力、北陸電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力

多くの家電は50ヘルツ・60ヘルツどちらの地域でも使えますが、電子レンジの場合は50ヘルツ専用と60ヘルツ専用の製品が多いことに注意が必要です。例えば東京や新潟で60ヘルツの、名古屋や長野で50ヘルツの電子レンジを使うことはできません。

加えてポータブル電源のなかには、60ヘルツ専用の製品もあります。この場合、50ヘルツ専用の電子レンジをつないで使うことはできません。ポータブル電源製品を購入する際には、お互いの周波数が同じかどうか確認する必要があります。

●災害に遭う前に、使えるかどうか早めに試すことをおすすめ

ここまで解説したとおり、電子レンジをポータブル電源で使う際には注意しておきたいポイントがあります。災害に遭ったときに電子レンジが使えないと、がっかりするでしょう。今のうちに使えるかどうか、早めにチェックしておくことをおすすめします。

もしお手持ちのポータブル電源につないだところ電子レンジを使えなかったという場合は、電子レンジまたはポータブル電源の買い換えをご検討ください。

ポータブル電源を活用しやすい電子レンジを選ぶポイント

家電量販店などの店舗では、さまざまな電子レンジが販売されています。ポータブル電源を活用しやすい電子レンジを選ぶにはどうすればよいか、3つのポイントに分けて解説します。

製品選びの方法を工夫する

製品選びの方法を工夫することで、ポータブル電源を活用しやすい電子レンジを選びやすくなります。ここでは2つの方法を紹介します。よい製品選びにお役立てください。

インバーター式の電子レンジを選ぶ

1つ目の方法は、インバーター式の電子レンジを選ぶことです。製品の説明に「インバーター」と書かれていれば、目印になるでしょう。価格は比較的高めですが、以下のメリットがあります。

起動時の電力が抑えられるため、ハイスペックのポータブル電源でなくても使える

50ヘルツ・60ヘルツ両方で使えるものが多いため、転居による電子レンジの買い換えが不要

電子レンジを選ぶ際に、定格消費電力がポータブル電源の定格出力よりも小さい製品を選べばよいことは魅力です。高圧トランス式のように「起動時の電力が大きすぎて使えない」という不安を感じずに済むことは、大きなメリットといえるでしょう。

②ポータブル型の電子レンジを選ぶ

もう1つの方法は、消費電力の小さい電子レンジを選ぶことです。ポータブル型の電子レンジはアウトドアなど移動を前提としているため、消費電力が抑えられています。一例として、消費電力が660Wで済む電子レンジが発売されています。高い出力を出せないポータブル電源でも使えることは、魅力の一つです。

高圧トランス式の場合は、定格消費電力の小さい製品を選ぶ

高圧トランス式の電子レンジをお求めの場合は、定格消費電力の小さい製品を選ぶとよいでしょう。定格消費電力が小さい製品は、起動時に必要な最大瞬間出力も小さくなります。ポータブル電源の選択肢も広がり、より手頃な価格の製品を選びやすくなるでしょう。

フラットテーブル型の製品はコンパクトさが魅力

電子レンジはテーブルの形状により、ターンテーブル型とフラットテーブル型の2つに分かれます。フラットテーブル型はテーブルの部分が回転しないため、ターンテーブル型のように「温め操作を行うと、弁当などの角が壁に引っ掛かる」トラブルは起きません。庫内に収まるものなら温めできる点が強みです。

テーブルが回らないぶん、フラットテーブル型ならより小さい電子レンジで温めを行えるでしょう。コンパクトなため、自宅が狭い場合でも置きやすいことは魅力の一つです。

電子レンジを安心して使えるポータブル電源の選び方

電子レンジを安心して使えるポータブル電源の選び方

いざというときに電子レンジを安心して使うためには、ポータブル電源の選び方も重要です。4つのポイントを取り上げますから、どのような観点で選べばよいか確認していきましょう。

①波形が正弦波の製品を選ぶ

電子レンジにつなぐポータブル電源は、波形が正弦波の製品を選びましょう。正弦波は家庭用の交流電源と同じ波形ですので、安心して使えます。ポータブル電源のなかには矩形波や修正正弦波を出力する製品もありますが、電子レンジには適さないため使わないようにしましょう。

Jackeryが提供するポータブル電源の波形は正弦波ですから、安心して使えます。

関連人気記事:ポータブル電源選びの決め手「正弦波」とは

関連人気記事:Jackeryポータブル電源の選び方

②定格出力と最大瞬間出力が大きい製品を選ぶ

電子レンジの活用には、定格出力と最大瞬間出力が大きいポータブル電源を選ぶことも有効です。数字が大きければ大きいほど、電子レンジの選択肢が広がります。起動時の電力が大きくなりがちな高圧トランス式の電子レンジを動かす場合でも、最大瞬間出力が大きいポータブル電源なら安心です。

③電池の容量はそれほど気にしなくてもよい

電子レンジをポータブル電源で使う場合、電池の容量はそれほど気にする必要はありません。大きな定格出力を要求する一方で稼働時間が短いため、消費する電力量は少なく済むためです。定格出力が大きい家電の代表であるエアコンと比べた場合、年間に消費する電力量や電気代は1割未満で済んでいます。

実際には定格出力が大きいポータブル電源は、電池容量も多くなるでしょう。価格は高くなりますが、安心して使えることは魅力です。

➃50ヘルツ、60ヘルツ両方に対応する製品を選ぶ

電子レンジを使うなら、50ヘルツと60ヘルツの両方に対応するポータブル電源をおすすめします。Jackeryのポータブル電源は、以下の4機種が50ヘルツと60ヘルツに両方対応しています。

Jackeryポータブル電源 2000 Plus

Jackeryポータブル電源 2000 Pro

Jackeryポータブル電源 1500 Pro

Jackeryポータブル電源 1000 Pro

電子レンジを使うなら、ポータブル電源 1500 Pro以上の製品がおすすめです。それぞれの特徴について、次の章で確認していきましょう。

電子レンジの活用におすすめのポータブル電源3選

電子レンジの活用におすすめのポータブル電源3選

電子レンジみたい高消費電力の家電を使うなら、以下のポータブル電源をおすすめします。

Jackeryポータブル電源 2000 Plus

Jackeryポータブル電源 2000 Pro

Jackeryポータブル電源 1500 Pro

それぞれの製品には、特徴ある機能や仕様があります。各製品の特徴を確認し、あなたに合ったポータブル電源を選んでください。

また資源エネルギー庁「省エネ性能カタログ2022年版」によると、電子レンジの年間電力消費量は60kWhから80kWhの製品が多くなっています。この数値をもとに、普段の使い方で電子レンジを使える日数も示しました。

●Jackery ポータブル電源 2000 Plus|ジャクリポータブル電源2000プラス

Jackery ポータブル電源 2000 Plusは、Jackeryにおける最高性能を誇るポータブル電源です。定格出力は3000W最大瞬間出力6000Wです。これだけのパワーがあれば、高圧トランス式の電子レンジも使えるでしょう。AC100Vのコンセントが5個に加えてUSBの差込口もありますから、他の家電とあわせて同時に使うことも可能です。

容量は本体のみで2042.8Wh、最大12kWhまで増やせます。電子レンジを使える日数は、以下のとおりです。

容量

使用可能な日数

2048Wh

9日~12日

12kWh

54日~73日

安全性も抜群です。難燃性や耐衝撃性に加えて、バッテリーの安全装置も数多く備えています。また充電・放電のサイクルを4,000回繰り返しても、70%以上の残量を保持する寿命の長さも魅力です。

ポータブル電源 2000 Plusの主なスペックを、以下の表に示しました。

製品名 Jackery ポータブル電源 2000 Plus

容量

2042.8Wh(最大24kWhまで拡張可能)

定格出力

3000W/正弦波(最大瞬間出力:6000W)

出力ポート数

ACⅹ5、DCⅹ1、USBⅹ4

充電時間

AC充電:2時間
ソーラー充電:最速2時間
シガーアダプター:25時間

寿命/サイクル数

約4000回サイクル
※4,000回サイクル放充電後も工場出荷時の容量の70%以上をキープできます。

保証期間

5年間

●Jackery ポータブル電源 2000 Pro|ジャクリポータブル電源2000プロ

Jackeryポータブル電源2000 Pro定格出力2200W、最大瞬間出力4400Wと、高い性能を誇るポータブル電源です。インバーター式の電子レンジはもちろん、高圧トランス式の電子レンジも問題なく使えるケースが多いでしょう。容量は2160Whあり、電子レンジを10日~13日間使えます。

加えて、高い安全性も備えています。過充電や過放電を防ぐ「バッテリーマネジメントシステム」や、4つの温度センサーにより異常発熱を防ぐ機能を備えています。家庭用の100V電源を使えば2時間で充電を完了できることも、魅力の一つです。

ポータブル電源 2000 Proのスペックを、以下の表にまとめました。

製品名 Jackery ポータブル電源 2000 Pro

容量

2160Wh

定格出力

2200W/正弦波(最大瞬間出力:4400W)

出力ポート数

ACⅹ3、DCⅹ1、USBⅹ4

充電時間

AC充電:2.5時間
ソーラー充電:最速2.5時間
シガーアダプター:24時間

保証期間

5年間

●Jackery ポータブル電源 1500 Pro|ジャクリポータブル電源1500プロ

Jackeryポータブル電源 1500 Proはここまで紹介した機種には及ばないものの、高い性能を持つポータブル電源です。定格出力は1800Wありますから、インバーター式の電子レンジなら問題なく使えるでしょう。また最大瞬間出力も3600Wありますから、高圧トランス式であっても多くの電子レンジを使えます。

容量は1512Whあり、1週間から9日間程度電子レンジを使えます。加えて、以下のメリットも見逃せません。

充電・放電を2000回繰り返しても70%以上の容量を保持できる寿命の長さ

80%の電池残量で472日間保管できる保存性の高さ

温度制御や冷却効率の向上、耐衝撃性や耐火素材使用による安全性の高さ

このため、いざというときの備えにおすすめの製品です。ポータブル電源 1500 Proのスペックは、以下の表でご確認ください。

製品名 Jackery ポータブル電源 1500 Pro

容量

1512Wh

定格出力

1800W/正弦波(最大瞬間出力:3600W)

出力ポート数

ACⅹ3、DCⅹ1、USBⅹ4

充電時間

AC充電:2時間
ソーラー充電:最速1.8時間
シガーアダプター:16.5時間

保証期間

5年間

ポータブル電源で電子レンジを使うなら事前に電力の値をチェックしよう

電子レンジをポータブル電源で使えるかどうかは、以下の値が大きな鍵を握ります。

電子レンジの定格消費電力や起動電力

ポータブル電源の定格出力や最大瞬間出力

それぞれの数値を、しっかりチェックしておきましょう。電子レンジの定格消費電力が小さいほど、またポータブル電源の定格出力や最大瞬間出力が大きいほど、お持ちの電子レンジを使える可能性はアップします。

ポータブル電源の定格出力や最大瞬間出力は、上位機種ほど大きくなっています。出費は多くなりますが、上位機種を選ぶと電子レンジを使いやすくなるでしょう。非常時でも電子レンジを使って便利に過ごしたい方は、Jackery ポータブル電源の上位機種をご検討ください。


コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。


送信