Jackery(ジャクリ)が第11回南相馬市鎮魂復興市民植樹祭に参加し植樹を行いました。

第11回南相馬市鎮魂復興市民植樹祭に参加

2023年06月29日(木)更新
ポータブル電源・ソーラーパネルのリーディングカンパニー・Jackeryの日本法人である株式会社Jackery Japan(代表取締役:水嶋雅貴/所在地:東京都港区)は、2023年6月11日に行われた「第11回南相馬市鎮魂復興市民植樹祭」に参加しました。

この植樹祭は、2013年から毎年開催されており、東日本大震災の犠牲者を慰霊し、未来の津波被害軽減のための「いのちを守る防災の森」づくりを目的としています。
今年は北泉海浜総合公園周辺で、常緑広葉樹を中心に、この土地本来の樹種21種類、20000本の苗木が植えられました。

昨年、創立10周年を機に、さらなる環境活動の幅を広げるため、環境活動プロジェクト「JackeryGreen」プロジェクトの一貫として、「鎮守の森のプロジェクト」へ寄付をした植樹1,000本分の木も今回の植樹祭に含まれています。

Jackeryは植樹の作業に参加するだけではなく、植樹祭の会場にて、Jackeryのポータブル電源を使用してステージ機材やエアーアーチなどの電力供給を行い、環境に配慮した会場づくりに貢献しました。

また、ポータブル電源で冷蔵庫を稼働させ、ボランティアの方々へ冷やしたゼリーを無料で提供し、植樹作業で疲れた体を癒しました。

 

Jackeryは環境保全への取り組みを通じて、安心・安全・豊かな生活をサポートする企業として、みなさまといっしょに環境保全に取り組みます。

 

引き続きJackeryをよろしくお願い申し上げます。

※本件に関するお問い合わせはjackery.jp@jackery.com までをお願い致します。