【状況別】地震対策グッズの必需品22選!もしものために備えたい必須のアイテムとは?

【状況別】地震対策グッズの必需品!もしものために備えたい必須のアイテムとは?

日本の自然災害の中で、特に我々が生活する地域において深刻な影響を及ぼすものの一つが地震です。特に2011年に起きた東北大震災の傷跡は未だに各地に残り、読者の方の記憶にも鮮明に残っているのではないでしょうか。

地震が引き起こす被害は予測が難しく、その瞬間に私たちの生活を一変させることがあります。また、最近の異常気象や地震予測等のニュースを見て、危機感を感じている方もいるのではないかとと思います。

そこで、当記事では地震対策の重要性に焦点を当て、その背後に潜むリスクと地震対策グッズについて解説していきます。ぜひ最後まで、ご覧ください。

地震に備えて対策グッズを用意する重要性

地震に備えた対策グッズを用意することは極めて重要です。まず第一に、人命の保護が挙げられます。地震は突然発生し、建物の倒壊や崩壊といった深刻な被害をもたらす可能性があります。したがって、適切な備えがないと、生命の危険が生じる可能性が高まります。

次に、備えることによって被害を最小限に抑えることができます。建物や家具の耐震化、非常用の食料や水の備蓄、非常用キットの整備などの対策を講じることで、地震による被害を軽減できます。これは迅速な対応と復旧を可能にし、社会的・経済的な安定を保つ重要な手段です。

大規模な地震が社会や経済に深刻な影響を及ぼす可能性も考慮すべきです。適切な備えを通じて、復旧作業を迅速に進めることができ、社会的な混乱を最小限に抑えることができます。また、協力体制が築かれることで、地域社会全体が連帯感を高め、効果的な支援が可能になります。

最後に、地震に備えることは災害管理の効果的な運用を促進します。計画的で組織的な対策があれば、災害時の混乱を最小限にし、救助活動や避難指示を円滑に行うことができます。

総合的に考えると、地震に備えることは個人や社会全体の安全を確保し、災害時の被害を最小限に抑えるために不可欠です。地震リスクの高い地域では、備えの定期的な訓練や対策の見直しも重要です。

地震が起きる前に対策しておきたい防災グッズ7選

地震が起きる前に対策しておきたい防災グッズ7選

に災害はいつも突然やってきて、全てを奪ってしまいます。災害に備えるためには防災グッズをそろえておくことが肝要です。

防災グッズは自然災害や緊急事態に備え、地震、洪水、台風など、どんな災害にも対処できるように、適切な備えを整えておくことが推奨されます。

この章では、日常生活において役立つ地震防災防災グッズについて紹介します。万が一の備えを整え、安全な生活を守るための手助けとなるアイテムを見ていきましょう。

①耐震マット

耐震マットは、地震の際に建物やその中にある家具類を地面の揺れから保護するために使用される製品です。これは通常、ゴム製や他の弾力性のある材料でできており、床や家具の下に設置します。

地震の揺れが発生すると、地震エネルギーを吸収し、建物や家具の被害を最小限に抑えてくれます。耐震性を向上させるために建物全体に取り入れられることもあります。

②耐震ラッチ

耐震ラッチは、地震発生時に建物内の戸棚や引き出し、扉などが開かないように固定するための安全装置です。

地震による揺れや振動が発生すると、通常の状態であれば開閉する可能性のある家具や建具を耐震ラッチが安定させ、物品の散乱や倒れるリスクを軽減し、建物内での危険を最小限に抑える役割を果たしてくれます。

③窓ガラスフィルム

窓ガラスフィルムは、窓ガラスに貼られる透明なフィルムで、窓ガラスが破損した際に発生するガラス片の飛散を防ぐための製品です。

窓ガラスが割れた際におけるケガや被害を軽減し、安全性を向上させます。また、窓ガラスフィルムは日差しを遮りながらも室内に自然光を取り込む効果があり、防犯や断熱を向上させてくれます。地震が頻発する地域や非常事態への備えとして、広く採用されています。

④家具転倒防止具

家具転倒防止具は、家具が転倒するのを防ぐための安全装置です。これは一般的に、壁に取り付けられたアンカーやストラップが家具と結ばれ、安定性を向上させる役割を果たします。

地震や子供の活発な動きによる事故を防ぐため、特に幼児のいる家庭や公共の施設などで使用されています。家具転倒防止具の適切な取り付けは、安全な住まいを確保する上で重要です。

⑤消火器

消火器は、火災発生時に火を消火するための機器で、異なるタイプの火災に対応した消火剤が内蔵されています。通常はABCクラスの火災(固体、液体、ガス)に有効であり、使用者が発生初期の火災を制御し、拡大を防ぐことが期待されます。

消火器は緊急時における最も効果的な対処手段の一つであり、火の消火において備えておくことは極めて重要です。一般の住宅から商業施設まで幅広い場所で常備され、普段からよく目にするのではないでしょうか。

⑥ポータブル電源

地震に備えた非常用電源としてポータブル電源を用意することは非常に重要です。地震が発生すると、電力供給が途絶する可能性があります。地震対策グッズとしてポータブル電源を用意しておけば、万が一停電になっても冷蔵庫や扇風機、電気毛布、電子レンジ、LEDライトなど生活家電を給電することができるので、普段と変わらない家電生活を送れます。ポータブル電源は、コンパクトで排気ガスも出ないため、避難所にも持っていけます。

⑦常備灯

常備灯は、停電や非常時において建物内に照明を提供するための装置で、通常は充電池やバッテリーで動作します。これにより、災害時において建物内や避難経路が適切に照らされ、安全な避難が可能となります。

常備灯は非常に重要な安全機器であり、緊急時において人々に方向を示し、安全な場所への移動を助ける役割を果たします。建物全体の非常灯や非常口の照明として使用されることがあります。

⑧ろうそく

停電が発生した際や災害が発生し、電力供給が途絶えた場合、ろうそくは非常用の照明源として活躍します。暗闇での適切な照明は、安全な避難や生活の継続に不可欠です。ろうそくを点灯することで、適度な明るさを確保できます。

ろうそくは比較的長時間燃焼できるため、予備の灯りとして優れています。一般的なろうそくは数時間から十数時間以上燃焼でき、十分な予備の照明を提供することができます。複数のろうそくを備蓄しておくことで、長期の停電にも対応できます。

地震発生後の持ち出し用に必要な対策グッズ11選

地震発生後の持ち出し用に必要な対策グッズ11選

地震が発生した際、適切な対策グッズを用意することは非常に重要な事は先にお伝えしたとおりです。しかし、いつでも使えるようにしておかなければ意味を無しません。

災害時には迅速で効果的な行動が求められるため、事前に必要なアイテムを用意しておくことが安全を確保する一助になります。

持ち出し用の地震対策グッズは、生活必需品や安全確保が基本です。この章では、地震が発生した際に備え、持ち出し用に必要な地震対策グッズについて考えてみましょう。

●飲料水

ペットボトルの飲料水は長期保存が可能であり、非常時に安全で清潔な水を確保できる点が挙げられます。また、軽量で持ち運びが容易であり、避難時にも便利です。

ただし、保存期間を定期的に確認し、必要に応じて入れ替えが必要です。また、大量の水を備蓄する場合はスペースや持ち運びを考慮しなければなりません。

●食料

保存食は賞味期限が長く、非常時に必要なエネルギーと栄養を摂ることができます。軽量でコンパクトな保存食は持ち運びが簡単です。

ただし、こちらも賞味期限切れになる前に適切な管理と交換が必要であり、長期保存食は味や食感が劣化する可能性もあります。

●簡易トイレ

簡易トイレは、簡単に設置でき、トイレが使用できない状況でも用を足せます。また衛生的です。

コンパクトで携帯が容易ですが、使用後の処理が必要でその手間を考慮する必要があり、長時間使用する場合、収納容器の容量が足りなくなる可能性があります。

●防寒具

防寒具は寒冷地域や冬季の避難時に必要な暖かさを手に入れられます。寒い地域は命の危険もあり、必需品となります。

ただし、長時間の使用に耐えうる品質のものは通常重くなり、保温性を維持するために適切な保管が必要です。

●ラジオ

ラジオは、緊急時に最新の情報を得られるメリットがあります。バッテリー駆動や手回し発電など、電源不足時でも利用可能です。

ただし、電波の届かない場所では情報収集が難しくなり、重量やサイズが大きい場合は携帯性に課題が生じる可能性があります。

関連人気記事:災害時に防災ラジオは必要なの?必要不可欠な4つの理由とあって良かった5つの便利機能

●医薬品

医薬品は緊急時の応急処置に必要不可欠です。基本的には救急箱に常備されることが一般的で、どの家庭にも保管されているのではないでしょうか。

こちらも食料品等と同様に使用期限や適切な保管条件を確認し、必要な医薬品にアクセスできるように備える必要があります。

●衛生用品

衛生用品は、体を清潔に保ち、感染症の予防に役立ちます。ティッシュ、ウェットティッシュ、手指消毒剤などが含まれます。

携帯性が高く、簡易トイレなどと組み合わせて使用することで衛生状態を維持できます。

●懐中電灯

懐中電灯は、停電時や夜間の避難時に照明を提供する重要な道具です。電池式や手回し発電式があり、信頼性が高いものを選ぶことが重要です。また、予備の電池やランタンなどと組み合わせて使用すると便利です。

●スマートフォン

スマートフォンは緊急時に連絡を取ったり、情報を収集したりするための必需品です。

充電が十分にされ、モバイル充電器や予備の電源供給装置を備えておくことが望ましいです。また、緊急通知アプリや災害情報アプリを事前にインストールしておくと便利です。

●靴やスリッパ

靴やスリッパは、避難時や建物内での移動時に足を保護し、こちらも清潔を保つのに役立ちます。

緊急時には安全な靴を履くことが重要であり、快適なものを用意しておくと避難時の疲労を軽減できます。

●現金や貴重品

電子マネーの時代で全てをスマホ決済などで済ましている方もいるのではないでしょうか。災害時には、電気が止まってしまうことが多くあるため、小銭等を用意しておくとよいでしょう。

保管場所や携行の際には盗難や紛失に注意が必要です。コピーを取り、安全な場所に保管しておくことも重要です。

地震発生後の在宅避難で必要な地震対策グッズ4選

地震発生後の屋内避難で必要な対策グッズ4選

地震が突如として発生した場合、屋内での避難は急務となります。屋内で生活するためにも重宝する防災グッズがあります。

この章では、電源の確保や食料の調理のための道具、あれば便利な道具など、地震発生後の屋内避難において必要な対策グッズ4選をご紹介いたします。

●ポータブル電源

ポータブル電源とは、内蔵バッテリーに電気を蓄え、コンセントのない場所でも家電製品に電力を供給できる持ち運び可能な蓄電池です。市販のポータブル電源の多くは、寿命が長く、何度充放電しても充電容量が減らないリチウムイオン電池を内蔵しています。 

ポータブル電源の出力ポートはUSBだけでなく、家庭のコンセントと同じAC、DC、シガーソケットも備えており、種類によっては複数の電気機器を同時に充電することも可能です。 

ポータブル電源はテント内で使用したり、車中泊でエアコンを稼働させたり、アウトドアでオーディオ機器や調理器具を使用したり、さらには電動自転車の充電や天体観測用の電源確保など用途が広いですが、災害時には災害停電時の調理、寒さ対策と暑さ対策をするのに十分な大容量の電力を充電しておくことができます。 

地震が発生すると、通常の電源供給が途絶える可能性があるため、ポータブル電源は非常に重要なアイテムです。 ポータブル電源は大きさに違いがありますが、災害時は軽量かつ持ち運びが便利なものを選ぶとよいでしょう。

関連人気記事:災害時におすすめのポータブル電源|必要性と選び方のポイントを解説!

●災害用調理器具

停電やガス供給の途絶により、通常の調理が難しくなることが考えられます。災害用の調理器具は、非常時に簡単な料理を調理できるようにするための重要なアイテムです。使い捨てのカセットコンロやガスボンベ、非常用ストーブなどを備えましょう。

●簡易トイレ

地震の際には、水道やトイレの利用が制限されることがあります。そのため、簡易トイレは必須の備えとなります。使い捨てトイレやポータブルトイレなど、状況に応じて適したものを備えましょう。

●毛布や寝袋

地震により建物が損傷し、屋内が寒くなる可能性があります。毛布や寝袋は、避難所や自宅での避難時に保温効果を提供し、寒さから身を守るのに役立ちます。特に冷えやすい季節には十分な防寒対策が必要です。

地震発生後の停電対策グッズにはJackery Solar Generatorがおすすめ!

地震発生後の停電時にはJackery Solar Generatorがおすすめ

Jackery Solar Generator はポータブル電源とソーラーパネルがセットになった製品です。設置工事や複雑なメンテナンスなどが不要で、事前にポータブル電源に貯めた電力を使い切ったら、ソーラーパネルをベランダや庭など光の当たる場所に広げてケーブルでポータブル電源と接続するだけで、すぐに太陽光発電と蓄電ができます。

災害時に停電が起きた場合、事前にポータブル電源に貯めた電気は停電復旧の間に使い切れてしまう可能性があります。ポータブルソーラーパネルセットなら太陽光による充電が可能で、コンセントによる充電ができなくても非常用電源を確保できるため安心です。

台風・地震などの災害時にライフラインが止まった時の防災用品として、冷蔵庫・調理器具・暖房器具などが使用でき、LEDライトなどによる灯りも確保できます。

ソーラーパネルで日中に発電した電気を蓄電池付きポータブル電源に充電しておくことで、災害時でも生活に必要な電化製品を稼働させることができます。

Jackery Solar Generator シリーズはコンパクトで持ち運びが容易なため、防災をはじめとして長期の車中泊やキャンプ、日常生活における電気代の節約にも効果を発揮します。

Jackery Solar Generator 2000 Plus

容量:2,042Wh(最大12kwhまで)
定格出力:3000W
フル充電:最速2時間

Jackery Solar Generator 1000 Plus

容量:1,264Wh(最大5kWhまで)
定格出力:2000W
フル充電:最速2時間

Jackery Solar Generator 300 Plus 100W

容量:288Wh
定格出力:300W
フル充電:最速4.6時間

Jackery Solar Generator 2000 Pro

容量:2160Wh
定格出力:2200W
フル充電:7.5時間

通常価格:¥285,000(税込)

Jackery Solar Generator 1500

容量:1,534.68Wh
定格出力:1800W
フル充電:11時間

通常価格:¥206,210(税込)

もっと見る

Jackery Solar Generator 2000 Pro

容量:2,160Wh
定格出力:2200W
フル充電:最速2.5時間

Jackery Solar Generator 1500 Pro

容量:1,512Wh
定格出力:1800W
フル充電:最速2時間

Jackery Solar Generator 1000 Pro 100w

容量:1,002Wh
定格出力:1000W
フル充電:最速5.5時間

Jackery Solar Generator 1000 Pro 200W

容量:1,002Wh
定格出力:1000W

フル充電:最速1.8時間

Jackery Solar Generator 1000 Pro 80W

容量:1,002Wh
定格出力:1000W

フル充電:最速1.8時間

Jackery Solar Generator 1500

容量:1,534Wh
定格出力:1800W

フル充電:最速5.5時間

Jackery Solar Generator 1000

容量:1002Wh
定格出力:1000W

フル充電:最速10時間

Jackery Solar Generator 708

容量:708Wh
定格出力:500W

フル充電:11時間

Jackery Solar Generator 400

容量:403Wh
定格出力:200W
フル充電:7.5時間

Jackery Solar Generator 3000 Pro

容量:3,024Wh
定格出力:3000W
フル充電:最速3時間

まとめ

地震への備えは非常に重要であり、適切な準備がなければ生命を脅かす状況が発生する可能性が高まります。

地震による被害は、建物や家具の耐震化、非常食や水の備蓄、非常持ち出し袋の提供などの地震対策グッズの用意によって軽減できます。

最後に、地震への備えは、災害管理の効果的な運用を促進します。計画的かつ組織的に対応することで、災害時の混乱を最小限に抑え、救助活動や避難指示を容易にすることができます。

災害時の非常用電源としておすすめのはJackery Solar Generatorです。付属されているポータブルソーラーパネルキットを使用すると、太陽光を使用してバッテリーを充電できます。

台風や地震などの災害時にライフラインが寸断された際の防災対策グッズとして冷蔵庫や調理器具、暖房器具などを活用でき、またLED照明を照明として活用することもできます。

Jackery Solar Generator はコンパクトで持ち運びが簡単なので、防災や長期の車中泊、キャンプ、日常生活の電気代節約にも効果的です。


送信