【穴場】ゴールデンウィークにすいている場所11選!混雑を避ける方法も紹介

シェア
【穴場】ゴールデンウィークにすいている場所11選!混雑を避ける方法も紹介

ゴールデンウィークといえば、どこも混雑している印象が強いのではないでしょうか。人気のあるスポットを選んでしまうと、待ち時間が長くなるばかりか、移動するだけでも一苦労です。そこで、ゴールデンウィークでもすいている場所を選び、人ごみを避けて、快適に楽しみましょう。

 

この記事では、ゴールデンウィークでもすいている全国の穴場スポットを紹介します。ゴールデンウィークの混雑を避ける方法や快適に過ごすためのアイテムも解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

【関東】ゴールデンウィークにすいている穴場の場所5選

 

観光地が多く密集する関東地方には、人が比較的少ない穴場スポットも多く存在します。交通網が発達しているため、アクセスに優れているのが特徴です。関東のゴールデンウィークにすいている場所を紹介します。

【千葉】ふなばしアンデルセン公園

【千葉】ふなばしアンデルセン公園

出典:ふなばしアンデルセン公園 

ワンパク王国ゾーン、メルヘンの丘ゾーン、花の城ゾーンなど5つのエリアから成るテーマパークです。ワンパク王国ゾーンでは、フィールドアスレチックや大型遊具で遊べたり、ヤギ・ヒツジ・ポニーなどの動物とふれあえたりします。メルヘンの丘ゾーンには、デンマークの街並みが再現されており、日本とは思えない景色が広がっています。 

住所

〒274-0054 千葉県船橋市金堀町525

公式ページ

ふなばしアンデルセン公園

【東京】アメリカキャンプ村

【東京】アメリカキャンプ村

出典:じゃらんnet 

海沢渓谷沿いに位置するキャンプ場です。バリエーション豊かなログハウスやツリーハウス、コテージが設置されています。キャンプギアや食材のレンタルができるので、手ぶらでキャンプやバーベキューが楽しめます。アスレチックや釣堀、キャンプファイヤーなどのアクティビティも充実しており、家族連れや友達同士におすすめのキャンプ場と言えるでしょう。 

住所

〒198-0213 東京都西多摩郡奥多摩町海澤230

公式ページ

【公式】アメリカキャンプ村

関連記事:キャンプに革命を。Jackeryポータブル電源で広がる自由

【茨城】国営ひたち海浜公園

【茨城】国営ひたち海浜公園

出典:読売旅行 

一年を通して綺麗な花が見られる広大な敷地面積を誇る公園です。みはらしの丘では、約530万本ものネモフィラがゴールデンウィークの時期に満開を迎えます。プレジャーガーデンには複数のアトラクションが設置され、自然の中を駆け巡るジェットコースターや海抜100mからの絶景が見れる大観覧車ブルーアイズなど、魅力が満載です。 

住所

〒312-0012 茨城県ひたちなか市馬渡 字大沼605-4

公式ページ

国営ひたち海浜公園

【神奈川】クアハウス山小屋

【神奈川】クアハウス山小屋

出典:キャンプ・アウトドアのTAKIBI(タキビ) 

日向川沿いに位置する自然豊かなキャンプ場です。250m下流に行くと、日向渓谷マス釣場があるので、釣った魚をそのままキャンプ料理に取り入れられます。そして、クアハウス山小屋の名物が、天然水のお風呂です。登山やキャンプの疲れをお風呂で癒した後は、無料休憩室でのんびりと過ごせます。手ぶらでキャンプがしたい方は、隣接しているレストランで地元の野菜を使った料理を召し上がってください。 

住所

〒259-1101 神奈川県伊勢原市日向2184−1

公式ページ

クアハウス山小屋

【群馬】赤城自然園

【群馬】赤城自然園

出典:セゾンのくらし大研究 

四季折々の自然と生き物に触れられる、子供連れにおすすめの自然園です。赤城山西麓の標高600~700mの位置にあるため、手つかずのありのままの自然を体験できます。ゴールデンウィークには、セゾンガーデンエリアでミツバツツジやシロヤシオといった色彩豊かな花が咲き乱れます。子供や親子のための体験プログラムも多数開催されているので、ぜひ子供を連れて訪れてみてください。 

住所

〒379-1113 群馬県渋川市赤城町南赤城山892

公式ページ

赤城自然園

【関西】ゴールデンウィークにすいている穴場の場所3選

 

美しい湖や自然、海がある関西地方は、ゴールデンウィークのお出かけにぴったりのエリアです。敷地面積が広い自然スポットもあるので、自然の中で開放的な気持ちになれること、間違いありません。関西のゴールデンウィークにすいている場所は、以下のとおりです。

【大阪】自然の森ファミリーオートキャンプ場

【大阪】自然の森ファミリーオートキャンプ場

出典:大阪府の能勢にある自然の森ファミリーオートキャンプ場 

大阪市内から約1時間というアクセスに優れたキャンプ場です。ゴールデンウィークには、モクレン、レンギョウ、コブシなどの綺麗な花々を見ることができます。オートサイトもあるので、車を横付けでき、荷物をサイトまで持ち運ぶ手間がかかりません。近くには能勢温泉があり、風情のある露天風呂が魅力です。 

住所

〒563-0372 大阪府豊能郡能勢町山辺411

公式ページ

大阪府の能勢にある自然の森ファミリーオートキャンプ場

関連記事:屋外で電源を確保する方法4選!DIYやキャンプなどシーン別に解説

【兵庫】あいな里山公園

【兵庫】あいな里山公園

出典:るるぶKids 

里地里山の四季折々の風景や生き物が見られる公園です。遊びの森には、長い滑り台やボルダリング、ネット遊具があり、子供にも人気があります。ゴールデンウィークには、つつじの広場でコバノミツバツツジが満開になります。米作り体験や農作業体験、春野菜の収穫体験など、体験プログラムが豊富に用意されているのも魅力です。 

住所

〒651-1104 兵庫県神戸市北区山田町藍那 字田代

公式ページ

あいな里山公園 - 国営明石海峡公園神戸地区

【京都】蹴上インクライン

【京都】蹴上インクライン

出典:蹴上インクライン 

全長約582mの長さを誇る鉄道の跡地で、インクラインの中を歩けるスポットです。赤レンガのトンネルや線路の両脇に植えられた迫力ある樹木など、まるで映画の世界に入り込んだような幻想的な風景が見られます。蹴上駅から徒歩で行けるので、ゴールデンウィークの渋滞に巻き込まれる心配もありません。 

住所

〒606-8435 京都府京都市東山区東小物座町339

公式ページ

蹴上インクライン

【東海】ゴールデンウィークにすいている穴場の場所3選

 

世界遺産や天然記念物、透明度の高い海など、都会では見られない美しい自然が魅力の東海地方。東海のゴールデンウィークにすいている穴場スポットは、以下のとおりです。

【愛知】日間賀島

【愛知】日間賀島

出典:日間賀島観光ナビ 

名古屋から約1時間で行ける離島です。タコやトラフグが名物で、新鮮な海の幸が食べられます。ゴールデンウィークには「キッズアドベンチャー」が開催され、シーカヤック・アーチェリー・火起こし・ハンドクラフト作り・スクリュー船作りなどの数多くのプログラムが楽しめます。堤防釣りの絶好ポイントもあるので、大人も子供も楽しめるスポットと言えるでしょう。 

住所

〒470-3504 愛知県知多郡南知多町日間賀島

公式ページ

日間賀島観光ナビ

【静岡】雲見オートキャンプ場

【静岡】雲見オートキャンプ場

出典:ハローナビしずおか 静岡県観光情報 

西伊豆の松崎町雲見にある駿河湾と富士山が一望できるキャンプ場です。本格的なテントサイトや冷暖房器具が完備されたログハウス・ログケビンから宿泊先を選べるので、キャンプ初心者から上級者まで楽しめます。車で5分の位置には雲見海水浴場があり、スキューバダイビングの有名なスポットです。キャンプ場内には無料の露天風呂もあるので、新学期が始まってからの疲れを癒せることでしょう。 

住所

〒410-3615 静岡県賀茂郡松崎町雲見40−1

公式ページ

西伊豆のキャンプ場なら雲見オートキャンプ場

【三重】赤目四十八滝

【三重】赤目四十八滝

出典:忍者修行の里 赤目四十八滝 

「平成の名水百選」「森林浴の森100選」などにも選ばれたマイナスイオンたっぷりの渓流です。約3.3Kmの遊歩道があり、23瀑にも上る滝を見ることができます。伊賀流赤目忍術の体験もでき、子供でも楽しめます。赤目名物である天然よもぎを使った草餅は絶品です。 

住所

〒518-0469 三重県名張市赤目町長坂671−1

公式ページ

忍者修行の里 赤目四十八滝

関連記事:【初心者必見】キャンプ用品で必要なものは?場所や費用・ルールについても解説!

快適なアウトドアライフに欠かせないJackery(ジャクリ)ポータブル電源

 

ポータブル電源

ゴールデンウィークのお出かけ(キャンプやドライブ)で、持っていると大活躍するアイテムが、ポータブル電源です。ポータブル電源とは、モバイルバッテリーを超える大量の電気を蓄電し、お出かけした先で電化製品に給電できる機器を指します。ポータブル電源を持っていると、ゴールデンウィーク中の以下のようなシーンで活躍します。

・渋滞にはまった車内でも、タブレットや音楽プレーヤーに給電して車のバッテリー上がりの心配なく、楽しく過ごせる

・AC電源のないお出かけ先で、電気ケトルや電子レンジに給電して手軽に加熱調理が行える

・電気毛布や扇風機を使い、現地の気温に合わせて暑さ・寒さ対策が行える

・渋滞情報や観光地情報を調べるためのスマホを常にフル充電にしておける 

また、ポータブル電源はゴールデンウィークなどの外出時だけでなく、自宅の防災対策としても重宝するアイテムです。 

ゴールデンウィークなどのお出かけで使用するポータブル電源は、創業から11年間で世界販売台数300万台を突破した実績を誇るJackery製がおすすめです。Jackeryのポータブル電源は、コンパクトかつ軽量設計なので、混雑している場所でも簡単に持ち運べます。 

アウトドアでの使用におすすめの機種は、以下のとおりです。 

 

 

小型機器への給電に最適な容量99Wh、定格出力128Wのポータブル電源です。手のひらサイズなので、ゴールデンウィークのお出かけで持ち運びの邪魔になりません。 

容量が99Whのため、ゴールデンウィークに国内・海外旅行をする場合も、飛行機の中に持ち込んで使用できます。ゴールデンウィークの混雑によって発生する待ち時間を快適にしてくれる、スマホやタブレットへの給電にぴったりなモデルと言えるでしょう。 

 

 

軽量かつコンパクトな容量632Wh、定格出力800Wの.ポータブル電源です。 最大62種類の保護メカニズムが搭載されているので、子供でも安心して使用できます。 

耐衝撃性とUL94-V0の耐火性に優れているので、アウトドアでの使用に最適です。出発前のACコンセントや出発後のシガーソケットから、素早く充電できます。 

 

Jackery ポータブル電源 1000 Plusは、定格出力2000W/電気容量1264Whという大容量・高出力の機種です。5kWhまで拡張できるので、家族連れや友達同士などの大人数でも家電をフル活用して、快適なゴールデンウィークが実現します。

合計62個の保護システムと12重のBMS保護システムを搭載しているため、子供連れでも安心です。さらに、EPS機能を搭載しているので、自宅では防災グッズとして活躍します。

ゴールデンウィークに混雑を避ける3つの方法

 

ゴールデンウィークはほとんどのスポットが混雑するため、身動きが取りづらく、疲労が溜まりやすいです。渋滞に巻き込まれると、楽しみにしていたスケジュールが崩れる可能性もあります。そこで、以下の3つの対策を行い、快適にゴールデンウィークを過ごしましょう。

子連れやカップルに人気の観光地を避ける

子連れのファミリー層やカップル層に人気の観光地は、特に混雑が予想されるため、ゴールデンウィークに行くのは避けた方が良いです。また、穴場を選んだとしても、人気の観光地が近くにあると、道中の渋滞に巻き込まれる恐れもあります。ゴールデンウィークの行き先を決める際は、人気のある客層と周囲の観光地に注意してください。

車以外の移動手段を使う

ゴールデンウィークには高速道路の大渋滞が予想されます。渋滞に巻き込まれると、事前に予約していた商業施設やレストランの予定時刻に間に合わない恐れもあります。現地で楽しめる時間も大幅に減ってしまうことでしょう。 

そのため、ゴールデンウィークのお出かけでは、車ではなく電車を使うのが無難です。どうしても車を使う場合には、近場のスポットを選ぶのがおすすめです。

混雑が予想される時間帯を避ける

ゴールデンウィークの高速道路の渋滞がピークとなる時間帯を避けることで、比較的スムーズに移動できます。また、ゴールデンウィーク期間中は、日によっても混雑予想にばらつきがあります。「NEXCO 中日本」の公式サイトなどで渋滞予測が見られるので、事前に確認した上で、適切な日時に高速道路を通行しましょう。 

ゴールデンウィークはすいている場所で快適に過ごそう

 

混雑が予想されるゴールデンウィークには、人気スポットではなく、すいている穴場スポットを選ぶのがおすすめです。また、移動手段は車ではなく、電車を選ぶことで、渋滞に巻き込まれずにスムーズに移動できます。 

この記事で紹介したゴールデンウィーク全国のすいている場所を参考に、ゴールデンウィークを快適に楽しみましょう。

関連人気記事
ソーラー発電応援セール
new-customer-close
送信