【2023年】夏休み何する?大学生や大人におすすめの過ごし方14選|注意点も紹介

夏休みに何する?大学生や大人におすすめの有意義な過ごし方14選

1年で最も長いお休みである夏休み。長期休みだからこそできる予定を入れて、有意義に過ごしたいと考えている方は多いのではないでしょうか。夏休みに何をするか決めかねている人は、まずやりたいことを書き出してみましょう。仕事や学問から離れて、自然の中に身を置くのもよいでしょう。夏ならではの花火や夏祭りを楽しむのもいいですね。

この記事では、夏休みに何をするか悩んでいる方に向けて、夏休みのおすすめの過ごし方14選をご紹介します。最後まで読んで、夏休みを満喫できる計画を立ててみましょう。

夏休み何する?まずはやりたいことを書き出そう

夏休みは1年で最も長いお休みになるので、やりたかったことをやれるチャンスです。次の手順であなただけの夏休みやることリストを作成してみましょう

 

①やりたいことを紙やスマートフォンに書き出す

一度このようなやりたいことリストを作っておくと、見返した時に仕事や学問のモチベーションが上がったり、実現に向けて貯金もできたりするのでおすすめです。

 

②やりたい順に優先順位を付けていく

実現可否を考えずに、純粋にあなたの気持ちが大きく動く順で構いません。

 

③やりたいことリストをやりたい順に、夏休みに実現できるかを判断する

判断材料としては、お金、時間、人などです。実現可能であれば、○を付けて次の項目の判断に移ります。○を付けた項目に割くお金、時間は差っ引いて、以降の項目を判断しましょう。

 

こうして、あなただけの夏休みに何をするかのリストが作成できます!この記事で紹介するおすすめの過ごし方も、もしあなたの気持ちを動かしたら、リストに加えてみてください。

大学生や大人におすすめの夏休み過ごし方14選

大学生や大人におすすめの夏休み過ごし方14選

夏休み何するかに関して、大学生や大人になると、自分でお金を稼いでいるので、やれることの幅が広がりますよね。ここでは、大学生や大人におすすめの夏休みの過ごし方14選をご紹介します。インドアからアウトドアまで様々なバリエーションを揃えているので、参考にしてみてください。

夏休み過ごし方①:キャンプで自然を満喫する

夏といえばキャンプ!という方も多いと思います。夏休みは、都会の喧騒から離れて自然の中でキャンプを堪能する絶好の機会です。

 

焚き火の炎のゆらぎにはリラックス効果があると言われています。また、キャンプ料理では普段できない燻製や直火を楽しむことができます。自然の中は何もないからこそ、家族や友人・恋人と素で会話できるのも魅力です。普段は話せない本音を語り合って、これまでの人生や思い出を振り返り、リフレッシュできますよ。

関連人気記事:【関東・関西・東海別】避暑におすすめな標高の高いキャンプ場12選!選び方や快適に過ごすためのアイテムも

 

夏休み過ごし方②:遠く離れた地に一人旅に出る

普段の土日では、遠出するのはなかなか難しいですよね。夏休みの長期休みを利用して、遠く離れた地に一人旅に出るのはいかがでしょうか。

 

見慣れぬ風景の中に一人で身を置き、刺激を受けていると、思いもよらぬアイデアが浮かぶことがあります。あなたの心と向き合い、これからどうしていきたいのか、をじっくり考える良い機会です。

夏休み過ごし方③:各地の夏祭りを巡る

夏休みには、全国各地で夏祭りが開催されます。子供の頃は地域の夏祭りによく行っていた方も、大人になるとなかなか行く機会がないかもしれません。

 

夏祭りでは、浴衣や着物を着て町並みを散策したり、出店で金魚すくいや屋台飯を食べたりと夏を感じられます。友人や恋人・ご夫婦で行っても楽しめるのでおすすめです。特に地域の伝統のお祭りでは、特有の行事が行われていることもあります。お祭りの歴史と一緒に楽しんでみてください。

夏休み過ごし方➃:夏の風物詩である花火大会に行く

夏の夜空に打ち上がる花火を見ていると、その儚い美しさに魅了されますよね。夏の風物詩である花火大会は、夏休みの期間になると全国で開催されます。

 

日本三大花火大会の一つである「長岡花火大会」では、日本で唯一、開花幅が約650メートルに達する「正三尺玉」や、打ち上げる幅が約2kmにもおよぶ「復興祈願花火フェニックス」などの豪華な花火が見られます。夏休みという長期休みを利用して、遠方の豪華な花火大会を見に行くのも楽しいですよ。

夏休み過ごし方⑤:水族館で涼しく海を感じる

夏といえば海!海水浴場に行って遊ぶのもいいですが、暑さや日焼けが気になる方も多いのではないでしょうか。そんな方には、水族館がおすすめです。大きな水槽で優雅に泳ぐ魚たちを見て、あなたの好奇心も刺激されること間違いなしです。

 

日本の主な有名な水族館は次の通りです。

 

  • 【沖縄】世界最長飼育記録を更新中のジンベイザメがいる「沖縄美ら海水族館」

  • 【大阪】約620種、3万点の魚が泳ぐ「海遊館」

  • 【神奈川】水族館と遊園地の融合「八景島シーパラダイス」

 

関連人気記事:【2023年版】夏休みに家族で行きたいおすすめお出かけスポット10選&山キャンプ場5選!

夏休み過ごし方⑥:読書をするだけの1日を過ごす

長期休みだからこそ、1日くらいは贅沢に過ごしてみませんか。夏休みは積読で溜まっている本を読破するチャンスです。朝早くから喫茶店かカフェに出向き、ひたすら本を読みます。お昼はそのお店にある名物ランチを食べるのもいいでしょう。

 

午後は場所を変えて、別の喫茶店やカフェをはしごするのもいいですね。本の世界に浸る1日は贅沢で、とても充実したものになることでしょう。

夏休み過ごし方⑦:シリーズもののドラマや映画を一気見する

普段、シリーズもののドラマや映画を観ようとすると、途切れ途切れになってしまって気付いたら止めていた。そんな経験はありませんか。

 

夏休みには、シリーズもののドラマや映画を通して観ることができます。連続で最初から最後まで観れるので、物語のあらすじを忘れることなく、没頭できるのも魅力です。特に、名作と言われているドラマや映画は、多くの人の心を動かした実績があるので、一見しておく価値があります。

夏休み過ごし方⑧:ビアガーデンで昼間からお酒を楽しむ

昼間からお酒を飲むと背徳感があり、それがお酒をより美味しく感じさせます。ビアガーデンで昼間から仲間たちとお酒を楽しむのもおすすめです。実は、夜にお酒を飲むよりも昼に飲む方が健康にはいいのをご存知ですか。

 

夜にお酒を飲むと睡眠の質を妨げます。アルコールが抜けるのは、成人男性で4時間ほどかかると言われています。そのため、睡眠中に肝臓がアルコールの分解にエネルギーを使っているので、睡眠の質が悪くなるのです。

 

夏休みだからこそ、真っ昼間からキンキンに冷えたビールを流し込んでみてください。

夏休み過ごし方⑨:音楽ライブで盛り上がる

夏休みになると音楽ライブを開催しているアーティストが多くなります。特に、夏には複数のアーティストが一同に介す夏フェスが行われることも有名です。

 

会場の一体感に包まれながら、普段聴いているアーティストの生の声を聴くと、テンションは最高潮になりますよ。音楽ライブでは、大迫力な音響や照明も魅力なので、音楽のライブの臨場感を一度味わうと癖になることまちがいなしです。

夏休み過ごし方⑩:身に付けたいスキルの勉強をする

仕事や学校が終わった後に、いざ勉強をしようとしても気力が起きないことが多いですよね。夏休みは、あなたが身に付けたいと思っていたスキルの勉強をするチャンスでもあります。

 

夏休みでは通して勉強ができるので、記憶が定着しやすいです。夏休みが終わった後には、一皮むけて生まれ変わったあなたになっていることでしょう。

夏休み過ごし方⑪:車中泊(大人向け)

夏休みに旅をしたいと思っている方は、車中泊を検討してみてはいかがですか。車が移動手段にも、宿にもなるので、旅の選択肢が増えます。また、時間や場所に縛られない自由な旅が楽しめるので、普段は行きにくい絶景スポットにも行けますよ。

 

さらに、車中泊にすると宿泊費がかかりません。浮いたお金を旅の資金にあてたり、次の宿泊のホテルをグレードアップしたりもできます。

夏休み過ごし方⑫:DIY

DIYをして、あなただけのお気に入りの家を作り上げるのも楽しいです。幼い頃に工作をしていた記憶を思い出して、熱中できます。普段の仕事や勉強から解き放たれ、没頭している時間は充実感と幸福感に満たされること間違いなしです。

 

夏休みが終わっても、あなたが作った家具達に囲まれながら過ごすことができるので、家に愛着がより持てて、帰ってくるのが楽しみになります。

夏休み過ごし方⑬:家族パーテイをやる

普段は生活リズムが異なる家族も、夏休みになると皆が揃います。そのため、夏休みは家族皆でパーティをやるのはいかがでしょうか。

 

それぞれが家族のために一品料理を作り、それを大テーブルに並べて、パーティをします。ゲームをやったり、会話を楽しんだり、家族皆で行うパーティは夏休みのいい思い出になるでしょう。

夏休み過ごし方⑭:釣り

時間を使って楽しむ遊びといえば、釣りです。普段の生活を忘れて、魚との駆け引きに没頭できます。自然によって生み出される駆け引きは、スリル満点でドキドキが止まりません。

 

特に、夜釣りでは昼間には現れない大物の魚も引っかかります。夜遅くから朝方まで釣りをする体験は、夏休みくらいしかできません。あなたも釣りをして、夏の海の魅力と魚との駆け引きによる臨場感を体感してみてください。

関連人気記事:【関東・関西・東海】夏休みにおすすめの涼しいお出かけスポット12選|夏休みは涼しく過ごそう!

夏休み過ごし方⑮:貸別荘・コテージで家族や友人と過ごす

夏休みには、家族や友人、サークル仲間と一緒に貸別荘やコテージで過ごすのはいかがでしょうか?貸別荘やコテージの一棟貸しを利用すれば、大人数でもプライバシーを確保しながら楽しい時間を過ごせます。

貸別荘・コテージには、バーベキュー設備が整っているものや、オープンキッチン、サウナ、プール、オーシャンビュー、ペット可など、多様な特徴を持つものがあります。みんなで料理を楽しんだり、リラックスしたり、夏休みの想い出作りにはピッタリです。

おすすめサイト:一棟貸しの貸別荘・コテージ専門予約サイトTABILMO(タビルモ)

夏休みを過ごす際の3つの注意点

夏休みにやりたいことがだいたい見えてきた方は、楽しく過ごすために注意すべきことがあります。ここで紹介する3つに気をつければ、夏休みを充実して過ごせることでしょう。

・夏休みが始まる前に計画を立てる

夏休みを有意義なものにできるかどうかは、夏休み前に立てる計画にかかっていると言っても過言ではありません。計画を立てずに夏休みを迎えてしまった暁には、ズルズルと夏休みを過ごしてしまい、記憶に残らない夏休みになってしまうでしょう。

 

夏休みが始まる前に、まずは夏休みにしたいことを先述したやり方で書き出してみてください。そして、それぞれをいつやるか具体的な計画を立てるのです。計画通りに進めていくことで、やりたいことを全て叶えるられるだけでなく、達成感を得ることができます。

・勉強と遊びのバランスを考える

夏休みだからといって全てを遊びに使うのは楽しいですが、夏休みが明けた後も少し念頭に置いておきましょう。できれば、勉強と遊びのバランスを保つように、計画するのがおすすめです。

 

遊びに比重が傾いていると思えば、少し勉強をしてみると、次の遊びがより楽しく思えます。勉強と遊びのバランスを考えて夏休みを過ごすことで、メリハリが効くので、勉強も遊びも充実させることができます。

・天気予報を常に確認する

夏休みにやろうとしていることが天気によって左右される場合、常に天気予報は確認するようにしましょう。天気が早めに分かれば、思い切って予定変更に舵を切るのも早くなります。それによって、計画を入念に組み直せますし、変更後の予約も取りやすくなります。

夏休みのキャンプや車中泊、DIY、釣などに便利なJackeryポータブル電源

夏休みのキャンプや車中泊、DIY、釣などに便利なJackeryポータブル電源

夏休みにはお出かけをして、キャンプや車中泊、DIYなどのアウトドアアクティビティを楽しみたいという方には、ポータブル電源が重宝します。ポータブル電源とは、大容量の電気を蓄え、電源のないところで生活家電や電子機器に給電できる機器を指します。

夏休みを充実させるポータブル電源の魅力

夏休みのアウトドア活動では、電気が必要になる場面が多々あります。夏休みにポータブル電源があることによる魅力は次の通りです。

 

  • 小型冷蔵庫や小型クーラー、扇風機が使えるので、暑さ対策が簡単にできる

  • 車中泊やキャンプ、釣りなどのアクティビティで、炊飯器、電子レンジ、電気ポット等の家電を使い、時短料理ができる

  • スマホを常にフル充電にしておけて、ライトとしても活躍するため、非常用電源としても便利

 

数あるポータブル電源の中でも、Jackery(ジャクリ)のポータブル電源がおすすめです。Jackery製のポータブル電源は、大容量で、高い安全性と耐久性を備えております。そのため、アクティビティや子供連れのキャンプなどにも最適です。また、ソーラーパネルからも充電ができるため、長時間のキャンプや車中泊でもポータブル電源に充電できるので安心できます。 

それでは、キャンプや車中泊などに特におすすめのJackery製のポータブル電源を2つご紹介します。

●Jackery ポータブル電源 1000 Pro|ジャクリポータブル電源1000プロ

夏休みの車中泊やキャンプ、釣りなどで車に1台積んでおくだけで、1000Wの高出力を活用して、料理を作ったり、テレビを観たりもできます。さらに、耐振動・耐衝撃・耐低温設計がされているため、夏休みの子供連れでの長期旅行にもぴったりです。

 

商品の特徴

  • ソーラーパネル、コンセントを使い、最速1.8時間で高速フル充電できる

  • 軽量コンパクトにより、夏休みの多い荷物の邪魔にならない

  • LEDライト搭載で、夜釣りや夜間を照らすライトとしても活躍

  • 純正のソーラーパネルを12枚取り付け可能

  • 保証期間が5年(3年+無料延長サポート2年)ついてるため、安心

  • 1000サイクルの長寿命と静音設計により、夏休みの外出で大活躍

●Jackery ポータブル電源 2000 Pro|ジャクリポータブル電源2000プロ

1800Wという高出力により、家族連れでの夏休みのお出かけでも安心して最後まで使い続けることが可能です。さらに、0.9mから3度の落下に耐える耐衝撃設計なので、夏休みに外に持ち出す機会が多くても問題ありません。

 

商品の特徴

  • LEDライト搭載で、夜間の車内や星空鑑賞、夜釣りでも重宝する

  • 自然放電が少なく、80%の電池残量で472日間も保管することができる

  • 2,000サイクルの長寿命化を実現しているため、夏休みの長期滞在に最適

  • 8基の温度管理システムと2つのスマートチップによる高度な温度制御を実装する

  • 米国UL規格で最高の94V-0の耐火素材のため、キャンプの焚き火があっても安心

  • USB-A(Quick Charge 3.0)出力、USB-C出力(PD100W)対応のため、幅広く給電可能

まとめ|何をするか決めて充実した夏休みを送ろう

夏休みに何をするか迷っている方は、ここで紹介したおすすめの楽しみ方も参考に、まずは何がしたいのか書き出してみてください。

それが決まれば、あとは計画を立てて、実行するのみです。外でアクティビティを楽しみたいという方は、ポータブル電源もおすすめです。せっかくの1年に1度の夏休みには、時間や場所に縛られず自由に過ごしましょう。


送信