ソーラーパネルの価格はどれくらい?コスパに優れた商品の選び方

ソーラーパネルの価格はいくら?コスパに優れた商品の選び方

地球にも家計にも優しい太陽光発電は非常に魅力的です。一方で、ソーラーパネルの設置には高額な費用がかかるというイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。今回は、ソーラーパネル本体の価格だけでなく設置費用やメンテナンス費用など、実際にソーラーパネルを導入するにあたって必要な費用を解説します。少しでも出費を抑え、コスパ良く太陽光発電を取り入れるにはどのようなソーラーパネルを選べばいいのかについても考えていきましょう。

ソーラーパネルの価格相場

まずはソーラーパネルの価格相場を解説します。ソーラーパネルは、本体価格の他、メンテナンス費用、保険料、解体撤去費用も考慮しなければなりません。「思ったよりも出費が増えてしまった…」と後悔することのないように、事前に費用相場を確認しましょう。

●本体価格

ソーラーパネルの本体価格15万円から30万円程度が相場です。

どのメーカーのソーラーパネルを選ぶか、どれくらいの発電効果があるソーラーパネルを選ぶか、そして本体の大きさも価格には影響します。

さらに、ソーラーパネルを設置するには、ソーラーパネル本体だけでなくパワーコンディショナやケーブル、発電モニターなど、稼働に必要なさまざまなアイテムを購入しなければなりません。

ソーラーパネルの本体価格がもっとも高額で、パワーコンディショナや発電モニターが次いで高額です。価格は3万円から10万円程度が相場です。その他にも数千円から3万円程度のこまごまとした出費がかかり、合計すると50万円近い出費になることもあります。

最もウェイトを占めているソーラーパネルの価格を抑える他、業者から不要なものまで購入しないよう、事前に何が必要かを把握しておくことも大切です。

●設置費用

ソーラーパネルを設置するためにかかる費用は、1kwにつき25~26万円程度が相場です。

1kwあたりの設置費用相場は年々下がっており、25万円台で設置できるケースもあります。

一般的な家庭がソーラーパネルを設置する際は4kw~5kw程度が相場なので、設置費用は100万円~と予想できます。

国や自治体の助成金、ローンなどを駆使して、お得に設置する方法を探しましょう。

●メンテナンス費用

長期間屋外にさらされるソーラーパネルは紫外線や雨風の影響を受け、劣化しやすいです。ソーラーパネル本体だけでなくパワーコンディショナも劣化が早いため、定期的なメンテナンス、取り換えが必要です。

メーカーが無料でメンテナンスをしてくれる保証期間もありますが、それ以降は自腹でメンテナンスをしなければなりません。

メンテナンス、取り換えにかかる費用は20万円~30万円程度、取り換えに最適な頻度は10年~15年程度です。

定期的に点検を行い、ソーラーパネルをお手入れする、不備がないか確認することで、長く効率的に太陽光発電を続けられます。

●保険料

ソーラーパネルを設置する際に保険料を請求されることもあります。また、自身で火災保険や住宅保険に加入する方もいます。

メーカーでは劣化による故障などは保証してくれますが、落雷や地震など自然災害による被害は保証してくれないことがほとんどです。そのため、万が一に備えて保険に加入しておくことはおすすめです。

保険料はメーカーやお住まいの地域によって変動しますが、ソーラーパネルを設置した際にかかった費用の3%前後が相場です。

100万円かかった場合は、3万円程度の保険料を支払うことになります。

●撤去費用

ソーラーパネルを撤去することになった場合の費用も確認しておきましょう。

ソーラーパネルは厳重に取り付けられているため、素人が撤去しようとすると屋根を破損してしまったり、漏電、転落事故などの危険性もあります。撤去の際は解体を専門とする業者に依頼をする必要があり、その費用は15万円程度です。

撤去後のソーラーパネルの処分は、各自治体の指示に従ってください。有料で処分しなければならないこともあります。

まだ使えるレベルなら、中古品買取業者に相談することもおすすめです。

ソーラーパネルを安く購入する方法

ソーラーパネルを安く購入する方法

ソーラーパネルは本体価格だけでなく設置費用やメンテナンス費用、保険料など、さまざまな費用がかかります。高額な費用を支払っても発電した太陽光を売電すれば10年~15年程度で費用を回収できると言われていますが、初期費用は少しでも抑えたいですよね。ソーラーパネルを安く購入するにはどのような方法があるのか、具体的な方法を4つ紹介します。

●補助金を利用する

省エネの観点から、ソーラーパネルの設置に対してさまざまな助成金制度を用意してい自治体は多いです。

例えば、東京都の場合は45万円を上限として太陽光発電に関する補助金を出しています。

補助金の金額や条件は自治体によって大きく違うので、お住まいの地域ではどのような制度があるのかを事前に確認しておきましょう。

なお、過去には国も太陽光発電の購入、設置に補助金を出していましたが、2014年に廃止され、以降新しい制度も作られていません。

近年の電気代の高騰、電力不足を理由に太陽光発電への補助金制度が新たにスタートするのではないかとも言われていますが、噂の範疇を超えていないのが現状です。

●ネットで購入する

実店舗ではなくネットのショップで購入すると、費用を抑えやすいです。

実店舗はソーラーパネル本体価格だけでなく店舗を運営するための家賃や人件費、光熱費などが価格に含まれ、その分高額になってしまいます。

一方で、店舗を運営する維持費が必要ないネットショップなら、その分価格を抑えて商品を提供できます。

ソーラーパネルを初めて設置する方は不安も多いため、実店舗で販売員に相談してから本体はネットで購入するという方法もおすすめです。

ネットショップの場合、細かい質問ができないため、保証期間や設置方法、諸費用などはあらかじめ商品ページをよく読んで確認しておきましょう。

●複数のメーカー、販売店を比較する

有名だから、おしゃれだからといった適当な理由で一つに決めず、複数のメーカーと販売店を比較して、最適なソーラーパネルを選びましょう。

ソーラーパネル本体価格の他、付属品の価格、設置費用などを相談して見積もりを取り、複数社を比較してみてください。

その中で安い店舗を選ぶことはもちろん、保証期間が長い、スタッフが親身に対応してくれるなどの点も考慮する必要があります。

ソーラーパネルは一度設置すると長く付き合い続けることになるので、不満の残らない取引ができる店舗をじっくり時間をかけて探しましょう。

●型落ちの製品を選ぶ

ソーラーパネルは日々新しい技術が開発され、最新型が登場しています。

もちろん最新型であれば変換効率が高かったり地球環境に優しかったりといったメリットは多くなりますが、その分費用は高額になります。

少しでも費用を抑えたい方は、型落ちの製品を選ぶこともおすすめです。

1世代前程度の製品なら変換効率も最新型と大きく変わらず、費用を抑えて満足できる買い物ができるでしょう。

家電量販店のアウトレットコーナーなどに足を運べば、型落ちのソーラーパネルも見つけられます。

ソーラーパネル購入時の注意点

ソーラーパネルを購入する際に注意しておきたいポイントを3つ紹介します。初期費用を抑えることだけを意識しすぎず、長期的な目で見てお得なお買い物ができるよう心がけましょう。

・本体価格の安さだけで選ばない

ソーラーパネルの本体価格を抑えることは大切ですが、パワーコンディショナやケーブル、モニターなどが高額になってしまうと意味がありません。

ソーラーパネルを販売する業者の中には、本体価格を安く設定して設置費用やメンテナンス費用を高額に設定している業者もあります。

トータルで見てお得な買い物をするためには、事前の見積もりが大切です。複数社を比較して、費用の内訳まできちんと確認しましょう。

・変換効率をチェックする

ソーラーパネルは変換効率が非常に重要です。

本体価格が安くても変換効率が悪ければ思うように発電できず、費用を回収するまでに余計な時間がかかってしまいます。

本体価格が高くても変換効率の高いソーラーパネルを選べば、費用回収もスムーズです。

一般的なソーラーパネルの変換効率は15%~20%程度ですので、この数値を目安に、より変換効率の高いソーラーパネルを選びましょう。

・メーカーの保証内容を確認する

ソーラーパネルを製造、販売するメーカーはそれぞれに保証を用意していますが、この保証内容を確認しておくことも大切です。

メーカーによって保証内容には違いがあり、保証期間はもちろん、保証する部分にも違いがあります。

ソーラーパネル本体のみなのか、ケーブルやモニターまで保証してくれるのか、故障時の修理は有償か無償か、保証期間を延長するための追加料金はどれだけかかるのかなどを確認してください。

Jackeryのソーラーパネルがコスパに優れている理由

コスパに優れているソーラーパネルおすすめ

さまざまなメーカーからソーラーパネルが登場していますが、その中でもコスパに優れているのがJackery(ジャクリ)のソーラーパネルとポータブル電源のセットです。

その場に置くだけで発電できるので設置費用がかからず、セットで購入することでそれぞれのアイテムを別々に購入するよりお得に用意できます。

その他にもおすすめできるメリットがたくさんあるので、中でもとくにチェックしてほしいポイントを5つ解説します。

●変換効率が24%と業界トップクラス

Jackeryのソーラーパネルの変換効率は24%です。

一般的なソーラーパネルの変換効率が15%~20%であることから、非常に効率的であることがうかがえます。

変換効率が高いと少しの時間でもしっかり発電、蓄電できるため、ベランダなど限られた場所にしかソーラーパネルを設置できない方にもおすすめです。

早く初期費用を回収したい方も、Jackeryのような変換効率の高いソーラーパネルを選びましょう。

●設置工事が不要で価格もお得

もっとも出力が高いポーターブル電源・ソーラーパネルセット2000 Proでも、通常価格が税込み287,920円で取付ソーラーパネルと比べてとても取り入れやすい価格です。

ソーラーパネルの数も自由に変更できるため、少しだけ発電したい方からしっかり家庭の電力を賄いたい方まで、用途に応じたセット内容を選べます。

ケーブルやアダプターなど、ソーラーパネルの接続に必要なアイテムがすべて揃っているので、設置工事は一切不要で、初心者でも製品が届いた瞬間から太陽光発電を開始できます。

太陽光発電を取り入れたいけど何が必要かわからない、できるだけ手軽に始めたいという方は、ぜひソーラーパネルとポータブル電源のセットをチェックしてみてください。

●最長5年間の保証を受けられる

Jackeryのソーラーパネルとポータブル電源のセットは、製品によって最長で5年間の保証を受けられます。最初は3年間の保証があり、製品購入後公式サイトから会員登録をするだけで保証期間が2年間延長されます。

保証期間中は無料の修理、交換を受け付けてもらえるので、万が一不備があった際も気軽に相談できます。

一部のコンパクトなタイプは保証期間2年+延長プランの選択で保証期間が1年追加されます。購入前にそれぞれの商品の保証期間を確認しておきましょう。

●寿命が長くメンテナンスの手間が減らせる

Jackeryのソーラーパネルは、耐久性に優れたETFEラミネート素材を採用しているので、長寿命化に加え、耐久性も持っています。防水・防塵も対応しているため、雨の日にも耐えられます。(注:接続部分は防水ではないので、ご注意。)

また、ソーラーパネルとセットとして使われるJackeryポータブル電源は充電式で、寿命が非常に長いです。最も出力の高い2000 Proの場合、1000サイクル分の充電、放電をしても蓄電容量が80%以上維持されます。

頻繁にバッテリーを取り替えたり買い替えたりする手間も費用もかからないため、お得に、かつ簡単にソーラーパネルを日常に取り入れられるでしょう。

●コスパに優れる太陽光発電製品一覧:

人気

Jackery Solar Generator 2000 Pro

容量:2160Wh
定格出力:2200W
フル充電:7.5時間(Solarsaga 200W×1枚)

通常価格:¥285,000(税込)

人気

Jackery Solar Generator 1000 Pro

容量:1002Wh
定格出力:1000W
フル充電:17時間(Solarsaga 80W×1枚)
通常価格:¥178,600(税込)

人気

Jackery Solar Generator 1500pro

容量:1,512Wh
定格出力:1800W
フル充電:11時間(Solarsaga 200W×1枚)

通常価格:¥206,210(税込)

Jackery Solar Generator 1000

容量:1002Wh
定格出力:1000W
フル充電:17時間(Solarsaga 100W×1枚)
通常価格:¥169,900(税込)

Jackery Solar Generator 1500

容量:1,534Wh
定格出力:1800W
フル充電:11時間(Solarsaga 100W×2枚)

通常価格:¥206,210(税込)

Jackery Solar Generator 708

容量:708W
定格出力:500W
フル充電:11時間(Solarsaga 100W×1枚)
通常価格:¥118,300(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery Solar Generator 2000 Pro

容量:2160Wh
定格出力:2200W
フル充電:7.5時間

通常価格:¥285,000(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery Solar Generator 1500

容量:1,534.68Wh
定格出力:1800W
フル充電:11時間

通常価格:¥206,210(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery Solar Generator 1000 Pro

容量:1002Wh
定格出力:1000W

フル充電:17時間
通常価格:¥178,600(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery Solar Generator 1000

容量:1002Wh
定格出力:1000W

フル充電:17時間
通常価格:¥169,900(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery Solar Generator 708

容量:708W
定格出力:500W

フル充電:11時間
通常価格:¥118,300(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery Solar Generator 400

容量:400Wh
定格出力:200W

フル充電:8.5時間
通常価格:¥69,000(税込)

まとめ

ソーラーパネルの設置にかかる費用を解説しました。本体価格の他、モニターやコンディショナの費用、設置費用、保険料など、ソーラーパネルの設置にはさまざまな出費が伴います。

本体価格だけを見て判断すると後悔する可能性もあるため、合計金額や各自治体の助成金、店舗ごとの割引サービスなどもしっかり確認した上で購入しましょう。

変換効率が高く最大1000サイクル利用可能なJackeryのソーラーパネルとポータブル電源のセットは、太陽光発電初心者の方にもおすすめです。 

・気軽に使えるソーラーパネルが欲しい
・すぐに使えるセットアイテムが欲しい
アウトドアでも使えるポータブル電源が欲しい 

といった方は、Jackeryの公式サイトもチェックしてみてください。


送信