大型で猛烈な台風19号(ハギビス)は、沖ノ鳥島近海を北西に進んでいます。台風19号は、11日(金)以降から少しずつ北寄りに進路を変えながら進む予想です。12日(土)から13日(日)早朝に東海から関東に接近、上陸するおそれがあります。台風は広い範囲で暴風域を伴っているため、中心付近だけではなく、進路に近いエリア周辺にも暴風をもたらします。また、台風の北側には秋雨前線があり、台風から大量の暖かく湿った空気が流れ込む影響で、関東から近畿の太平洋側では、台風接近前から雨が強まる見込みです。さらに沿岸部では、高潮にも厳重な警戒が必要です。随時最新の予報をご確認ください。ハギビス:フィリピンの言葉で「すばやい」の意味


台風19号に備え

台風や豪雨は、毎年大きな災害をもたらします。警報などの防災気象情報を利用して、被害を未然に防いだり、軽減することが可能です。台風による危険から身を守るため、以下に知っておくべきことをまとめた。台風へのそなえは上陸する前に行いましょう。


●自宅の備え

●窓や雨戸はしっかりと鍵をかけておく
●風で飛ばされそうな物は飛ばされないように固定する
●側溝や排水溝は、掃除をして水はけを良くしておく
●大雨や暴風などの警報・注意報など、テレビやラジオの気象情報に十分注意しておく


●防災グッズの備え

●非常用品の確認
懐中電灯、携帯用ラジオ(乾電池)、救急薬品、衣類、非常用食品、携帯ボンベ式コンロ、貴重品など
●水の確保
断水に備えて飲料水を確保するほか、浴槽に水を張るなどして生活用水を確保する
●停電対策
携帯電話・スマートフォン等の充電をしておき、予備バッテリーや乾電池の確認をする


Jackery おすすめ防災グッズ
--もしものに備えて安心、いつでも電力確保!

2018年は日本列島の各地で豪雨や地震などの自然災害が発生した。過去の災害時には停電が発生し、多くの人が暗闇の中で不安な生活を送ることになりました。ポータブル電源を一備えであれば、安心できます。災害はいつも突然やってきますポータブルを備えれば、停電が発生した場合自動的にバッテリーからの電源供給に切り替わり、一定時間電力を確保する事が可能です。


Sold out

Sold out

Sold out

停電対策

▶スマホ充電

台風の影響で、停電は発生する可能性があります。予備バッテリーとして、電源の確保が可能になります。スマホのバッテリーが切れないことで、連絡や周囲の情報が途絶える心配がなくなります。

▶照明確保

停電時は、不便な状況に陥っています。ポータブル電源があれば、ライトに繋ぎかえ、数時間の照明を得られます。使用時間の目安:Jackery ポータブル電源 700の場合は、5wライト約54時間使用可能です


▶調理を行う

ポータブル蓄電池が一台あるだけで、電線が切れて電気が届かなくとも、コンセントからポータブル電源につなぎなおせば炊飯器、ミニ冷蔵庫など動作できて、調理を行うことできます。

▶医療機器を

純正弦波を採用しており、家庭用電源と同一な高品質な波形で電力を供給することができます。大切な家族を守るために、万が一、応急処置的な医療機器(CPAP)が利用できます。