停電はなぜ起きるのか?停電の原因と停電時に備えておきたいグッズについて徹底解説!

停電はなぜ起きるのか?停電の原因と停電時に備えておきたいグッズについて徹底解説!

日本は電力供給の安定性に関しては世界トップクラスに入る国ですが、予期せぬ災害によって停電が起きてしまうことがあります。実際に停電が起きてしまったときに対処法が分からず、身動きが取れないまま不自由な時間を過ごすことになってしまった方も多いのではないでしょうか。そこで当記事では、停電が起きる原因と、停電が発生したときのために備えておきたいグッズについて詳しく解説していきます。ぜひ、最後までご覧ください。

停電とは何か

落雷や雪害などで送電線に問題が生じると、電力会社はその送電線を切り離し、約1分後に自動的に再送電を試みます。

通常であれば再送電によって電力供給は正常に回復しますが、一部の場合では電圧が回復しないことがあります。

この場合は再度送電を停止し、電圧異常の原因を特定するために問題を解決するまでの間、その送電線からの電力供給が停止されます。

このような長時間にわたる電力の停止状態を一般的に「停電」と呼びます

停電を引き起こす可能な7つの原因

停電を引き起こす可能な7つの原因

①台風や暴風雨による停電

台風や暴風雨の際には、停電が発生することがあります。これは、強風によって建物の屋根や樹木などが倒れ、飛来物が飛び散ることで電線が切断されたり、電柱が倒れたりすることが主な原因です。

台風は風速が非常に強く、瞬間的な突風や竜巻を伴うこともあります。これによって建物の屋根や壁、看板、街路樹などの構造物が破損し、飛散することで電線に接触して切断されることがあります。

②地震による停電

地震の揺れや地震による土砂崩れなどの災害により、電柱が倒れたり、地盤の変動が生じることで電線が切断されると、停電が発生する可能性があります。

地震は地域の電力供給に重大な影響を与える要因の一つであり、強い揺れによって送電線が損傷したり、変電所が被災して停止したりすることがあります。

また、地震によって発生する土砂崩れや地滑りにより、電線が埋まったり切断されたりすることもあります。

③積雪による停電

大雪が降り積もると、電線や電柱に雪が重くのしかかり、その重みで電線が切れてしまうことがあります。特に日本列島では水分を多く含んだ湿った雪が降ることが多く、このような湿った重たい雪は電線に負担をかけやすくなります。

さらに、冬季には大陸から寒気が流れ込むことがあり、低気圧や前線の活動により強い風が吹き込むことが多いです。この風によって雪が吹き溜まり、電線や電柱に付着することで、さらに停電のリスクが高まります。

➃落雷による停電

雷が電柱などに直撃すると、膨大な電気エネルギーが設備に流れ込み、電柱の上に設置されている変圧器やヒューズが過負荷となり、切断や故障を引き起こすことがあります。このような事象は雷撃と呼ばれ、停電の主な原因のひとつです。

雷撃によって電柱や変圧器が損傷すると、電力の供給が一時的に停止することがあり、この復旧作業は設備の保護や修復が行われるまで続くことがあります。

電力会社は迅速な復旧作業を行いますが、雷撃の被害が広範囲にわたる場合やアクセスが困難な地域では、復旧に時間がかかることがあります。

⑤鳥が電線上に巣をつくることによる停電

春から夏にかけての時期は、鳥が繁殖期を迎えるため、巣作りの活動が活発に行われます。特にカラスなどの一部の鳥は、針金や木の枝などの異物を利用して電柱の上に巣を作ることがあります。

しかし、巣作りの過程で針金などが電線に接触してしまうことがあり、これが停電の原因となることもあります。巣作りに利用される針金や木の枝は、電線と接触することで短絡や断線を引き起こす可能性があり、巣作りに使用された異物が風によって電線に引っかかり、電線の通電を妨げることもあります。

電柱に巣が作られることは、電力供給に悪影響を及ぼすだけでなく、鳥の巣や巣立ちを妨げることもあります。

そのため、電力会社や関係機関では、鳥害対策として巣作りを防止する取り組みを行っています。例えば、電柱に鳥が巣を作りにくいようにしたり、鳥の侵入を防ぐための装置を設置するなどの対策が行われています。

⑥外部要因による電柱損傷での停電

交通事故などで車両が電柱に衝突すると、電柱が折れたり倒れたりすることがあります。このような状況では、電線が切断される可能性が高く、結果的に停電が発生することがあります。

特に、高速道路や交差点など交通量の多い場所では、衝突事故による電柱の倒壊が起きることが考えられます。このような事故による停電は、交通事故や作業ミスなどの原因によって発生します。

電柱や電線は電力供給の重要なインフラであり、安定した電力供給に欠かせないものです。したがって、車両の運転や作業現場での注意や安全対策が重要となります。

⑦住宅地での火災発生による停電

火災が電柱付近で発生すると、火の勢いや熱によって電柱や電線などの電力設備が損傷する可能性があります。このような損傷が生じると、電線が切断されたり、電力設備が機能しなくなるため、停電が発生することがあります。火災による停電は、近隣の住民や施設に影響を与えることがあり、早急な復旧作業が必要とされます。

また、消防士が火災現場での消火活動を行う際には、電気の流れを遮断することで消防活動の安全性を確保するために、電力会社に対して意図的な停電を依頼する場合もあります。

このような場合、電力会社は消防当局の要請に応じて停電手続きを行い、電力供給を一時的に停止します。火災による停電や意図的な停電は、人々の安全と消火活動の円滑な進行を確保するために行われるものになります。

停電から復旧する仕組み

停電が発生した場合、電力会社は変電所から近い地域から順に電力を復旧させていきます。復旧作業は故障箇所の特定と修理が行われるまで続きます。

故障が解消されるまでは、故障したエリアは停電が続きますが、それ以外の地域では通常通り電気が供給されます。電力会社のスタッフは現地に派遣され、電柱を点検し修理を行います。

停電の原因はさまざまで、原因によっては復旧までの時間もさまざまです。停電時には電化製品のスイッチを切り、火の始末にも注意しましょう。

停電になった時にまず確認すべきこと

停電が発生したら、まず冷静に状況を確認しましょう。周囲の家や建物も同様に停電しているかを確認することで、停電の範囲を把握できます。

暗闇の中では安全に行動するためにも、急いで移動せずに注意してください。転倒やけがを防ぐため、懐中電灯やスマホのライトなどを使用して視界を確保しましょう。

自身と家族の安全を最優先に考え、停電時には電化製品のコンセントを抜いておくことをおすすめします。停電が解消された後に電力が復旧した際、スパークによる火災を防ぐためです。

停電時には情報収集も重要です。携帯ラジオやスマホを使って、地元のラジオ局やインターネットで最新の情報を入手しましょう。地域の防災情報や避難所の開設情報など、必要な情報を確認することができます。

また、停電時には近所の人々との連携も大切です。隣近所とコミュニケーションを取り合い、支援や情報の共有を行いましょう。地域の結束力が必要な状況で、お互いに助け合うことが重要です。

停電に備えて家庭でできる5つの対策

停電に備えて家庭でできる5つの対策

①水や食料の備蓄の用意

停電が発生すると同時に、断水の問題も生じることがあります。このような状況では、常に水を溜めておく冷水筒なども役立ちますが、頻繁に汲み換えるのは手間がかかります。

そのため、賞味期限が1〜2年あるペットボトルの飲料水を備蓄することが適しています。さらに、災害用には「3年保存水」や「5年保存水」といった長期間保存可能な飲料水も市販されていますので、そうした商品を選ぶことも検討してください。

停電時には食料と飲料の備蓄も重要です。特に、冷蔵庫や電子レンジが使用できなくなる可能性があるため、非常食の準備が必要です。パンやクラッカー、缶詰などが非常食として適しています。常備しておけば、停電時や災害時に安心して食事を摂ることができます。

②カセットコンロの用意

停電が発生すると、IHコンロが使用できず、鍋やフライパンを使った調理が困難になります。そのような状況下で非常食としてカップ麺を用意している場合、お湯の代わりに水を使用して調理することができます。

特に寒い冬の場合、温かい食べ物や飲み物が必需品となります。そのような状況では、カセットコンロがあれば、簡易的な調理によってご飯を食べることが可能となります。

③非常用電源としてポータブル電源を用意しておく

自然現象による停電に備えて家庭でできる対策とは?

ポータブル電源にはAC、USB、DC出力ポートが同時に搭載されているものがほとんどで、停電によりAC電源が使えない状況でも、スマホやパソコン、炊飯器や冷蔵庫、電気毛布などの生活家電に給電できます。コンビニに置いてあるようなモバイルバッテリーのほとんどはUSB出力しかないので、プラグを差すような電化製品には使うことができません。

また、ポータブル電源はモバイルバッテリーよりも大容量で高い出力を持っているポータブル蓄電池です。充電した状態で長時間放置していてもバッテリーがあまり減ることはないため、災害時の予備電源として重宝する存在です。

停電発生する前にポータブル電源を充電した状態で保管しておけば、いざというときに簡易的な食事が作れたり、さまざまな電子機器の充電が可能となります。

災害時におすすめのポータブル電源は、高い安全性と品質が保証されている「Jackery(ジャクリ)」社製のポータブル電源です。「Jackery」社製のポータブル電源各種は、災害時に有効に活用でき安全と認められている「防災製品等推奨品マーク」が授与されています。

Jackeryのポータブル電源は定格出力3000Wの大容量なものもあり、ACやUSBポート、シガーソケットがついているため、スマホや扇風機、冷蔵庫や電子レンジなどの様々な家電を動かすことができます。

また、太陽の出ている日であればソーラーパネルによる太陽光発電もできますので、数日間の停電の場合でも、太陽光さえあればソーラーパネルで電力の使い切ったポータブル電源に高速充電できるので、必要な電源の確保が可能です。

●停電時に役立つJackeryポータブル電源・ソーラーパネルセット

Jackery Solar Generator 2000 Plus

容量:2,042Wh(最大12kwhまで拡張可能)
定格出力:3000W
フル充電:最速2時間

Sold out

Jackery Solar Generator 1000 Plus

容量:1,264Wh(最大5kWhまで拡張可能)
定格出力:2000W
フル充電:最速2時間

Sold out

Jackery Solar Generator 3000 Pro

容量:3,024Wh
定格出力:3000W
フル充電:最速3時間

Sold out

Jackery Solar Generator 2000 Pro

容量:2,160Wh
定格出力:2200W
フル充電:最速2.5時間

Sold out

Jackery Solar Generator 1500 Pro

容量:1,512Wh
定格出力:1800W
フル充電:最速2時間

Sold out

Jackery Solar Generator 1000 Pro 100w

容量:1,002Wh
定格出力:1000W
フル充電:最速5.5時間

Sold out
Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery Solar Generator 2000 Pro

容量:2160Wh
定格出力:2200W
フル充電:7.5時間

通常価格:¥285,000(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery Solar Generator 1500

容量:1,534.68Wh
定格出力:1800W
フル充電:11時間

通常価格:¥206,210(税込)

もっと見る

Jackery Solar Generator 1000 Pro 200W

容量:1,002Wh
定格出力:1000W

フル充電:最速1.8時間

Sold out

Jackery Solar Generator 1000 Pro 80W

容量:1,002Wh
定格出力:1000W

フル充電:最速1.8時間

Sold out

Jackery Solar Generator 1500

容量:1,534Wh
定格出力:1800W

フル充電:最速5.5時間

Sold out

Jackery Solar Generator 1000

容量:1002Wh
定格出力:1000W

フル充電:最速10時間

Sold out

Jackery Solar Generator 708

容量:708Wh
定格出力:500W

フル充電:11時間

Sold out

Jackery Solar Generator 400

容量:403Wh
定格出力:200W

フル充電:7.5時間

Sold out

➃避難場所やルートの把握

災害時には、家族との連絡手段を事前に確認することが重要です。親や兄弟の連絡先をメモして携帯しておきましょう。

また、災害時は携帯電話の通信が不安定になることもあります。そのため、避難場所やルートを家族で事前に確認しておくことも大切です。地域の公園や学校など、災害発生時にどこへ避難するかを家族で話し合いましょう。

⑤ラジオの活用

災害時の情報収集にはラジオが非常に重要です。停電が発生するとテレビやスマホが使用できなくなる可能性があるため、手回しラジオや乾電池、ソーラータイプなど、電源を必要としないラジオを準備しましょう。

ラジオは手回しタイプのほかにも、さまざまな発電方法がありますので、自身に合ったものを選ぶことが大切です。また、停電時に役立つようにライトが付いているものを選ぶと便利です。

まとめ

停電の原因は自然災害によるものから、人為的にやむを得ず行われるものまでさまざまな場合が存在します。

自然災害による停電は、何の前触れもなく突然やってくるため、長時間の停電となった場合はかなりの時間を不自由に過ごすことになります。突然やってくる停電のために、代替品の明かりの場所や停電時の行動について話し合っておきましょう。


送信