ホットカーペットはポータブル電源で動かせる!製品選びのコツを紹介

ホットカーペットはポータブル電源で動かせる!製品選びのコツを紹介

ホットカーペットは、寒い時期に使いたくなる家電です。冷えやすい足元を暖められることが強みです。愛用する方もいるのではないでしょうか?

ホットカーペットはポータブル電源で動かせますが、消費電力は製品により大きく変わります。小容量のポータブル電源では、動かせない場合も出てくるでしょう。一方でどのホットカーペットにも使える大容量の製品を選ぶと、オーバースペックとなり費用がかかり過ぎるかもしれません。

この記事ではホットカーペットをポータブル電源で動かしたい方を対象に、製品選びのコツとおすすめのポータブル電源を紹介します。購入する前にぜひ一読し、あなたに合った製品を選んでください。

ホットカーペットが暮らしに役立つ4つのシーン

寒い季節、ホットカーペットはさまざまな形で暮らしに役立ちます。代表的な4つのシーンを確認していきましょう。

●足元を暖かくして過ごしたい

「暖房したのに、足元がどうしても冷えてしまう」このような悩みをお持ちの方も、多いのではないでしょうか?一般的な暖房機器を使った場合、暖められた空気は天井近くに移動し、窓の近くにたまっていた冷たい空気が床に下りてきます。この結果、暖房しても足元がなかなか暖まらない状況となってしまうわけです。

ホットカーペットを使えば、冷たくなりがちな足元を直接暖められます。寒い冬の日でも快適に過ごせるでしょう。

●特定の場所だけピンポイントで暖めたい

ホットカーペットは、特定の場所だけピンポイントで暖める用途にも使えます。自分の足元だけ暖めたいというニーズは代表的です。床が冷たくてもホットカーペットに足をのせれば、ぬくぬくと過ごせるでしょう。暖める面積が狭いため、電気代を節約することも可能。コストパフォーマンスに優れる方法です。

●ペットのいる場所を暖めたい

ペットの暖房も、ホットカーペットの使いみちに挙げられます。犬や猫はもちろん、ハムスターやうさぎなど寒さに弱い動物が暖まる手段としても使えます。

この目的で使う場合は、温度をチェックしましょう。温度が上がり過ぎると、ペットの体調不良ややけどなどのリスクがあります。ペット用のホットカーペットも販売されていますので、目的に応じて選ぶことがおすすめです。

●キャンプや車中泊での暖房手段

ホットカーペットは、自宅の外でも活躍します。寒い夜のキャンプや車中泊で、暖まる手段として使えるでしょう。

「キャンプで暖まるには、火を使えば良い」と思う方も多いかもしれません。しかし狭いテントの中で火を使うことは、火災や一酸化炭素中毒といった危険が伴います。車中泊の場合は車の暖房を使う方法もありますが、ガソリンなどの燃料を消費するため運転できる距離が短くなってしまいます。

ポータブル電源でホットカーペットを動かせば、火災や一酸化炭素中毒といったトラブルも起こらず、燃料を減らすデメリットもありません。安心して体を温める貴重な手段として活用できます。

ホットカーペットをポータブル電源で使う4つのメリット

ホットカーペットをポータブル電源で使う4つのメリット

ホットカーペットは、ポータブル電源で使うこともできます。これから解説する4つの魅力を通して、ポータブル電源でホットカーペットが使える便利さをご確認ください。

●ブレーカーが落ちるリスクを気にせず暖房機器を使える

とても寒い日は家の中で暖かく過ごすため、複数の暖房機器を使うケースもあるでしょう。一方で、1つのコンセントから供給できる電力は限られています。エアコンやヒーターとホットカーペットを同じコンセントにつなぐと、ブレーカーが落ちてしまうかもしれません。

ポータブル電源をホットカーペット専用で使えば、同じ部屋で複数の家電を使ってもブレーカーが落ちる心配はいりません。寒い日でもホットカーペットで快適に過ごせるでしょう。

●コンセントから遠い場所でもホットカーペットを使える

部屋のコンセントは、暖房機器を使いたい場所の近くにあるとは限りません。もしコンセントから遠い場合は、延長コードでつなぐ必要があります。部屋や通路をコードが横切る場合は、コードに足を引っかけて転倒しけがをするかもしれません。

ポータブル電源なら、暖房機器の近くで使えます。延長コードを準備せずに済むため、コードに足を引っかけるリスクも下がるでしょう。ペットを飼っている方はケージなどの近くにポータブル電源を置き、ホットカーペットを動かせることもメリットの一つです。

●電気の無い場所や停電した場合でも暖を取れる

ホットカーペットは、自宅の中だけで使うとは限りません。ポータブル電源があればキャンプ場で冷え込む夜でも、ホットカーペットに電力を供給でき暖まることが可能です。 また停電した場合でも、ポータブル電源があれば家電を使えます。ホットカーペットをポータブル電源につなげば、暖を取れるでしょう。冬の夜に停電しても、寒さをしのぐことが可能です。

●ソーラーパネルで発電し電気代を節約できる

ホットカーペットをランニングコストゼロで利用したい。ポータブル電源とソーラーパネルを使えば、このような要望にもこたえられます。晴れた日にソーラーパネルでポータブル電源に蓄電して、お好きなタイミングでホットカーペットに給電すればよいわけです。

大容量のポータブル電源を選べば、ホットカーペットを長時間使えるでしょう。使い方によっては、年間で1万円以上の節約になる可能性があります。

Jackeryでは、ポータブル電源とソーラーパネルがセットされた太陽光発電システム「Jackery Solar Generator」を販売しています。購入後、設置工事が不要ですぐに使い始められることは魅力的です。ソーラーパネルで電気代を安くする方法は、以下の記事でも紹介しています。

関連人気記事:省エネ対策に有効な方法とは?ポータブル電源が役立つ理由も解説 

ホットカーペットの消費電力はどのくらい?

ホットカーペットに必要な電力は、暖める畳数(広さ)により大きく変わります。製造するメーカーや製品により異なりますが、1畳あたり200W~250Wが目安です。2畳用のホットカーペットなら450W~500W、3畳用の場合は700W~750W前後の消費電力となるでしょう。

ホットカーペットに適したポータブル電源を選ぶ6つのコツ

ホットカーペットに適したポータブル電源を選ぶ6つのコツ

ホットカーペットの性能は、製品やカバーする面積により大きく異なります。またポータブル電源の性能は、どれも同じではありません。「とりあえず出力の大きな製品を」という感覚で選ぶと、余分な支出をしてしまうかもしれません。お買い得な製品を選ぶためには、コツがあります。

ここからはホットカーペットに適したポータブル電源を上手に選ぶために必要な6つのコツを紹介します。あなたに合ったポータブル電源選びに活かしてください。

●ホットカーペットで暖めたい畳数(面積)を決める

はじめに決めておきたい項目に、ホットカーペットでどれだけの広さを暖めたいか?ということが挙げられます。1畳と3畳では、消費電力が大きく異なることに注意してください1畳用のホットカーペットなら、小型のポータブル電源でも給電できます。一方で3畳用の場合は、ある程度の容量を持ち定格出力の大きいポータブル電源を選ぶ必要があります。

●定格出力はホットカーペットの消費電力を上回ること

ポータブル電源でホットカーペットを動かすためには、ポータブル電源の定格出力がホットカーペットの消費電力を上回る必要があります。例えば定格出力500Wのポータブル電源で消費電力250Wのホットカーペットは使えますが、消費電力750Wのホットカーペットは使えません。

同時に他の家電を使う場合、ポータブル電源に必要な定格出力は増えます。同時に使う家電の消費電力を合計して、これよりも大きい定格出力を備えたポータブル電源を選びましょう。

関連人気記事:【徹底解説】ポータブル電源の購入前に知っておくべき定格出力とは 

●長時間使う場合は大容量のポータブル電源をおすすめ

ホットカーペットは、使う時間が長くなるほど多くの電力を消費します。長時間使う場合は、大容量のポータブル電源を選びましょう。

ポータブル電源の本体に貯められる容量は限られますが、外付けバッテリーにも貯められる製品を選ぶとかなり多くの容量を準備できます。Jackeryなら外付けバッテリーを活用して、ポータブル電源の容量を家庭用蓄電池と同等の容量に拡張できます。「Jackery ポータブル電源 2000 Plus」は、おすすめする代表的な製品です。

●短時間で満充電にできると便利で使いやすい

ポータブル電源は事前の充電が必要ですから、充電をスピーディーに済ませたい方も多いでしょう。例えば昼過ぎになってポータブル電源の充電が少ないことに気づいても、夜になるまでに満充電にできると使いやすいものです。

Jackeryでは、1.7時間で満充電にできる「Jackery ポータブル電源 1000 Plus」を発売しています。もうすぐ夕方という場合でもコンセントにつなげば、日没までに充電を終えられるスピードが魅力です。

●動作音が静かなポータブル電源で快適に過ごせる

ホットカーペットは、くつろぎながら使う方も多いでしょう。うるさい音が続くとイライラするかもしれません。

動作中の音が静かなポータブル電源を選ぶことで、くつろぎの時間を暖かく快適に過ごせます。環境省が定める環境基準では、住宅地における夜間の騒音を45デシベル以下と定めています。このレベルをクリアするポータブル電源を選ぶとよいでしょう。

●持ち運びやすさや安全性、アフターサービスも要チェック

ホットカーペットとともに使うポータブル電源は、使いやすさや安全・安心も重要です。大容量のポータブル電源は重くなりがちですから、持ちにくいと腰など体を傷めるかもしれません。ハンドルがじょうぶでないと、ポータブル電源を落としけがにつながる可能性もあります。持ち運びやすくじょうぶなハンドルがついた製品を選びましょう。

またポータブル電源の多くはリチウムイオン電池を内蔵しているため、温度管理や過電流、短路などを防ぐBMSシステムも必須です。安全性に配慮された製品かどうかもチェックしましょう。

万が一の故障や不明な点があれば問い合わせでき、保証期間が長いなど、アフターサービスの良さも重要なチェックポイントです。

ホットカーペットが使えるポータブル電源おすすめ4選

ホットカーペットが使えるポータブル電源おすすめ4選

ここからはJackery(ジャクリ)が提供する、ホットカーペットの使用に適した4種類のポータブル電源を紹介します。各製品の特長やメリットも示しますので、機種選びの参考にしてください。

●Jackeryのポータブル電源を選ぶメリット

ホットカーペットの電源にJackery(ジャクリ)のポータブル電源を選ぶことで、以下のメリットが得られます。

  • ・家庭用蓄電池に匹敵する容量の製品や、静音性の高い製品を選べる

  • ・大容量のポータブル電源でも、家庭用電源を使い2.8時間での充電が可能

  • ・家庭用電源はもちろん、ソーラーパネルやシガーソケットでの充電に対応

  • ・持ちやすいハンドルで安心。超大容量の製品にはキャスターも付き

  • ・必要な容量にあわせて、多彩なラインナップから選べる

  • ・アウトドアにも対応。自宅以外でのアクティビティや車中泊でも使用できる

  • ・不要になったポータブル電源本体は、Jackeryに送ることで回収してもらえる

Jackeryは11年以上の実績を持つ、ポータブル電源の専業メーカーです。高品質で安全なポータブル電源により、安心してホットカーペットを使えることでしょう。

●おすすめ製品①:Jackery Solar Generator 2000 Plus

ホットカーペットを複数、または長い時間使うなら、Solar Generator 2000 Plusをおすすめします。「ポータブル電源 2000 Plus」1台と、ソーラーパネル「SolarSaga 200W」1枚がセットされた製品です。

定格出力は3000Wですから、3畳用のホットカーペットを3枚~4枚使えるでしょう。本体の容量は2042Whですが、Battery Pack 2000 Plusを5台追加することで12kWhまで拡張できます。

また並列接続すれば定格出力4000W、容量は24kWhまで拡張可能です。3畳用のホットカーペット1枚なら、朝から夜まで使いたいというニーズにも対応できるでしょう。

静粛性と充電スピードも、見逃せない魅力です。動作中の音は約30デシベル以下ですから、気にならない方も多いでしょう。充電時間はAC100V電源を使った場合とSolarSaga 200Wを6枚使った場合で2時間となり、短時間での充電が可能です。

製品名 Jackery Solar Generator 2000 Plus

容量

2042.8Wh(最大12kWhまで拡張可能)

定格出力

3000W/正弦波(最大瞬間出力:6000W)

出力ポート数

ACⅹ5、DCⅹ1、USBⅹ4

充電時間

AC充電:2時間
ソーラー充電:最速2時間
シガーアダプター:25時間

寿命/サイクル数

約4000回サイクル
※4,000回サイクル放充電後も工場出荷時の容量の70%以上をキープできます。

保証期間

5年間

●おすすめ製品②:Jackery Solar Generator 1000 Plus

コンパクトなホットカーペットを短時間使う方は、Jackery Solar Generator 300 Plus 100Wもおすすめです。この製品には「ポータブル電源 300 Plus」が1台、ソーラーパネル「SolarSaga 100W」が1枚セットされています。

ポータブル電源 300 Plusの定格出力は300W、容量は288Whです。1畳程度のホットカーペットを1時間程度使うといった用途で活用できるでしょう。例えば、食事や身支度する間を暖かく過ごしたいといったケースに便利です。重量は3.75kgと軽く、リュックに入るコンパクトさも魅力の一つです。

充電時間は充電方法により変わります。SolarSaga 100Wは太陽光発電を使えて便利ですが、満充電まで4.6時間かかります。急ぐ場合は家庭用電源を使うことで、2時間で満充電にできます。

製品名 Jackery Solar Generator 300 Plus 100W

容量

288Wh

定格出力

300W/正弦波(最大瞬間出力:600W)

出力ポート数

ACⅹ1、DCⅹ1、USBⅹ3

満充電時間

AC充電:2時間
ソーラー充電:最速3.8時間
シガーアダプター:5.5時間

寿命

リン酸鉄リチウムイオンバッテリー採用
3000サイクル数(10年使える)

保証期間

5年間

●おすすめ製品④:Jackery Solar Generator 1000 Pro 200W

「ホットカーペット専用で使えるポータブル電源」をお探しの場合は、Jackery Solar Generator 1000 Pro 200Wもおすすめです。定格出力は1000Wと、3畳用のホットカーペットにはちょうど良い大きさです。また音量は45デシベル以下と静かですから、くつろぎの時間を邪魔しません。

セットには「ポータブル電源 1000 Pro」が1台、「SolarSaga 200W」が1枚含まれます。充電スピードは速く、家庭用電源やSolarSaga 200Wを4枚使うことにより1.8時間で充電が完了します。

一方で電池容量は1002Whですから、3畳のホットカーペットなら1時間強、1畳のホットカーペットでも4時間程度しか使えません。「あまり予算は取れないが、短時間でも良いのでホットカーペットを動かせるポータブル電源が欲しい」という方におすすめの製品です。

製品名 Jackery Solar Generator 1000 Pro 200W

容量

1002Wh

定格出力

1000W/正弦波(最大瞬間出力:2000W)

出力ポート数

ACⅹ3、DCⅹ1、USBⅹ4

充電時間

AC充電:1.8時間
ソーラー充電:最速1.8時間
シガーアダプター:12時間

保証期間

5年間

ホットカーペットのサイズと利用時間に合ったポータブル電源の選択を

ホットカーペットを使えるポータブル電源は、サイズや利用時間により適した製品が大きく変わります。目的に合ったポータブル電源を選ぶためにも、あらかじめホットカーペットのサイズと使いたい時間を決めておきましょう。その後、ホットカーペットに合ったポータブル電源を選ぶことをおすすめします。

Jackery(ジャクリ)では小容量から大容量、拡張バッテリーを追加できる製品まで揃えており、さまざまなニーズにこたえることが可能です。あなたに合った1台を、ぜひJackeryで選んでください。


コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。