DIYで叶える夢の庭作り!初心者でもできる庭造りのコツやアイデア

DIYで叶える夢の庭作り!初心者でもできる庭作りのコツやアイデア

自分の理想的な庭をつくれるDIY。自分で庭造りを行えば、夢の庭を手に入れることができるうえに、節約にもつながります。しかし、初めて庭造りをする方は、不安を感じている方もいるでしょう。失敗を恐れてなかなか挑戦できずにいると思います。

そこで今回の記事では、初心者でもできるDIYの庭作りのコツやアイデアを紹介します。ぜひ最後までご覧ください。

DIYで庭作りに挑戦しよう

庭造りを行うことで、自分たちが生活する空間を美しく整え、リラックスできる場所を再現できます。しかし、プロに頼んで庭をつくってもらうと、予算が嵩んでしまいますよね。自分たちの好みやイメージに合わない場合もあるかも知れません。

そんなときは、DIYで庭造りに挑戦してみましょう。自分たちの好きなように庭がつくれて、予算も抑えられます。ぜひこの機会に、DIYでの庭造りのコツやアイデアを知り、自分の思い描く美しい庭をつくり上げてみてください。

DIYで庭作りをするメリット

DIYで庭作りをするメリットは以下の通りです。

安く庭がつくれる

自分好みのデザインにできる

好きな時間に作業に取り組める

これらのポイントを確認することで、庭作りの魅力や楽しさが確認できます。作業のモチベーションアップにも繋がるので、確認しておきましょう。

①安く庭がつくれる

DIYで庭作りをするメリットは、安く庭がつくれる点です。通常、庭をつくるためには専門業者に依頼する必要があり、費用が高額になってしまいます。

実際に外構業者に依頼すれば、優に50万円は超えてしまいます。目安としては「小道づくり(50,000円〜)」「花壇づくり(70,000円〜)」「デッキづくり(200,000円〜)」ほどです。

しかし、DIYで庭作りに挑戦すれば、業者に支払う費用を抑えられます。自分で必要な材料を選べるので、予算に応じて選定することが可能です。

さらに、工事費や作業費、運搬費などの余計な出費もカットできます。ですので、自分が抱える予算に合った理想の庭を実現できるでしょう

②自分好みのデザインにできる

自分好みのデザインにできるのも、DIYで庭作りをするメリットです。自分が望む庭のイメージを具現化することができます。

例えば、自分が好きな植物や色を取り入れたり、家の外観に合わせたデザインにしたりできます。そのため、自分好みをとことん追求できるのです。

長く付き合っていく庭なので、自分好みにデザインできるのは最大のメリットと言えるでしょう。

③好きな時間に作業に取り組める

DIYで庭作りをすれば、自分の好きな時間に作業に取り組めます。空き時間や休みの日に作業できるので、自分のペースで進行できるのです。

プロに依頼する場合は、予約をして決められた日時に作業を進めてもらいます。そのため、急なスケジュール変更がしにくいです。特に社会人の方は、日中家を空けることが多いので、作業の進行状況が不安になってしまいますよね。

その点DIYの場合は、自分のスケジュールに合わせて作業を進められるのが魅力です。作業時間も自分で決めることができ、忙しい日でもちょっとだけ作業できます。

DIYで庭作りをするデメリット

DIYでの庭作りには、以下のようなデメリットも存在します。

時間がかかる

自分で手入れをする必要がある

作業が上手く進行できない

上記のデメリットについて詳しく解説します。これらのデメリットを知ることで、DIYでの庭作りの後悔や失敗を減らせるでしょう。ぜひチェックしてみてください。

①時間がかかる

DIYで庭作りをするデメリットは、時間がかかってしまう点です。設計から材料選び、作業を自分の手で行わないといけません。そのため、多くの時間を要してしまいます。

また、DIYで庭作りをする場合には、作業スキルや経験が求められます。初心者の方の場合は、予想よりも時間がかかってしまう場合があるのです。

しかし、必要な材料や道具を事前に用意して、計画的に作業を進めると効率的に作業ができます。庭作りのスキルも身につけられるので、次回のDIYに生かせるでしょう。

②自分で手入れをする必要がある

自分で手入れをする必要があるのも、DIYで庭作りをするデメリットです。草刈りや花壇の手入れ、水やりなどの維持管理が必要になります。

定期的な作業を自分で行う必要があり、時間と労力が必要です。忙しい方にとっては、大きな負担となってしまいます。しかし、手入れを怠ると草木が伸びすぎたり、病気や害虫が発生したりする可能性もあります。ですので、庭の手入れを怠ってはいけません。

事前に手入れの計画をしておいて、作業に移るようにすると負担が減らせるでしょう。

③作業が上手く進行できない

DIYで庭作りをする場合、作業が上手く進行できない場合があります。特に初心者の方は、計画の段階で設計図を間違いがちです。

イメージができたとしても、実際の材料や場所が異なると上手くいきません。土地の土壌の状態や気候にもよるので、予想がしにくいでしょう。

地域の気候や土壌に合わせた植物を選ばないと、育ちにくかったり、枯れてしまったりする可能性があります。土地の状態によっては、整地や排水工事が必要になることもあり、作業の進行の妨げになってしまうのです。

時間とお金が無駄になるだけでなく、自身が思い描く庭のイメージにも影響を与えてしまいます。ですので、作業に取り掛かる前に、庭の状態や気候を入念に確認しておいてください。

庭作りDIYを成功させるコツ!

DIYの庭作りには、成功させるコツがあります。このポイントを押さえれば、DIYの庭作りが上手くいくこと間違いなしです。

● 完成のイメージや設計図を作成する

庭の面積を計測する

太陽の角度を確認する

必要な道具を全て揃えておく

準備した情報や道具をもとに作成する

上記のポイントをそれぞれ詳しく解説します。庭作りを失敗しないためにも、必ず確認しておきましょう。

①完成のイメージや設計図を作成する

DIYの庭作りを成功させるためには、完成のイメージや設計図を作成する必要があります。具体的なイメージを持って作業を進めることで、理想の庭作りが効率良くできるのです。

反対に、完成のイメージや設計図を作成しておかないと、途中で挫折してしまったり、目標からズレたりする場合もあるでしょう。ですので、完成のイメージや設計図が大切です。

理想的な庭の形やサイズ、植物の配置、ライトやフェンスの位置など、細かい部分まで想定しておくと良いです。自分のイメージ通りの庭が再現でき、満足のいく仕上がりになります。

このように、具体的なイメージを設計図に記載しておくと、何年経っても後悔しない庭がつくれます。

参考になるサイト:

庭ファン|新築外構・エクステリア工事を賢く安くできるお得情報を配信!

元・外構エクステリア販売の商社マンが、はじめての外構工事・エクステリアを購入するときの不安をいっしょに解決します!

URL:  https://springbd.net/

②庭の面積を計測する

DIYで庭作りを行う際には、庭の面積を計測するようにしてください。必要な植物や資材の量を正確に把握し、予算やスケジュールが組み立てやすくなります。

そして、自分の庭でつくれる理想的なガーデンスタイルもイメージできます。下準備として大切な工程なので、必ず庭の面積を計測するようにしましょう。

庭の面積を計測する際には、測量テープやレーザー距離計を使うと効率的です。スムーズに計測できるので、作業の進行が捗ります。

③太陽の角度を確認する

庭作りには、太陽の角度も確認する必要があります。太陽の光がどのように庭に入り込むかによって、植物の成長や装飾品の見栄えが決まるからです。

暗い場所に植物や装飾品を配置しても、見栄えが悪くなってしまいます。どうしても暗い印象になってしまい、気分が滅入りやすくなるのです。

まずは、どの方向からどの程度の時間、太陽光が当たるかを調べてください。これによって、植物の種類や装飾品の配置を決められます。

このように、太陽の角度は、庭作りの成功に重要な要素です。さまざまな時間帯に日当たりをチェックして、イメージを膨らませましょう。

④必要な道具を全て揃えておく

DIYの庭作りを成功させるためには、必要な道具を全て揃えておかないといけません。作業中に必要な道具を探したり、購入したりする手間が省けます。

土や植物を運ぶためのシャベル、草刈りや剪定のためのハサミなどがあると良いです。庭作りの作業工程が非常に効率的になります。

また、自身の庭で育てたい植物も準備しておきましょう。最初に調べたり準備したりすることで、後々悩みにくくなります。

ただし、高等植物は大気汚染による影響を受けやすいです。実際にアサガオは、オゾン濃度が4db以上で可視障害が発現してしまいます。そのため、自身の環境下にあった植物の準備が大切です。

⑤準備した情報や道具をもとに作成する

情報や道具が準備できたら、庭作りの作業に移ります。自身の庭の土壌を整地して、理想の庭の環境を作り上げてください。その後、土地に合った植物や家具などを配置します。照明や装飾品などのアクセサリーも設置することで、より魅力的な庭が再現できます。

ただし、庭の範囲が広いと、かなりの作業時間が必要です。1日の作業量や目標も計画しておくと、着実に庭の完成が見えてきます。

DIYで無理のない庭作りをするために、その日に行う作業に合わせて道具を準備しておくと良いでしょう。

参考になるサイト:

株式会社ContextJapanが運営する料金相場.jp

様々なサービスの料金の相場をご紹介しています。各社、商品、サービスの特徴、口コミ、評判を徹底分析、比較し、ご紹介しています。税理士報酬やリフォームの料金等、相場がわかりにくいものを中心に弊社が調査し、わかりやすくまとめています。

URL:  https://context-japan.co.jp/ryokin/

DIYでの庭作りアイデア!

DIYで庭作りをする際には、どのようなアイデアを取り入れるかが重要です。以下が参考のアイデアになります。

南国風のガーデンスタイル

和風なアジアンスタイル

シンプルなモダンスタイル

上記のアイデアの特徴や魅力について詳しく解説します。好みのスタイルに合わせて、自分だけの庭をつくり上げましょう。

①南国風のガーデンスタイル

南国風のガーデンスタイルは、まるで南国にいるかのような空間を演出した庭です。熱帯植物をメインに配置することで、雰囲気を明るくしてくれます。

また、熱帯植物を見ると、多くのアルファ波が放出されます。体の緊張が解れて血圧が低くなるので、非常にリラックス効果が高いです。

さらに、小さな滝や池を再現している庭も多いです。南国のリゾート地のような心地良い雰囲気も演出でき、マイナスイオンも発生するので健康的になれますね。ウッドデッキやチェアも設置すれば、海外旅行気分を味わえます。ちょっぴりリッチな雰囲気を醸し出したい方におすすめです。

②和風なアジアンスタイル

和風なアジアンスタイルは、自然の美しさを生かしたデザインが特徴的です。日本庭園のように、シンプルな石、竹や松などの植物を使い、自然の風景を再現しています。

落ち着いたデザインになっているので、日本人の心にマッチすること間違いなしです。忙しい日常であっても、落ち着いた庭を眺めれば、平常心を保って生活できます。

また、小さな池や手水鉢、橋、茶室などの要素を取り入れてみるのもおすすめです。シンプルな色合いで殺風景になりがちな庭に変化を加えられます。

このような日本人に合った和のテイストを求める方は、ぜひアジアンスタイルの庭を再現してみてください。

③シンプルなモダンスタイル

モダンスタイルは、シンプルで清潔感のあるデザインの庭です。洋モダンと和モダンの2種類があり、それぞれ違った魅力があります。

洋モダンは、タイルのデッキや芝生をベースに、中低木を設置したものです。デザインによっては、プールや植栽を設置して、リゾートスタイルを再現しているものもあります。

和モダンは、シンプルな色合いで統一したデザインです。小さい植栽に庭石や低木との組み合わせで、配置されています。そして、周囲に白い砂利を敷き詰め、モノトーンでシックな雰囲気を演出しているのです。

どちらも、白、黒、グレーなどのモノトーンカラーを基調とし、庭全体のモダンな印象を強めています。清潔感を出しつつ、オシャレな庭に仕上げたい方におすすめのスタイルです。

参考になるサイト:

リベンジDIY | DIYに失敗してから成功(リベンジ)するまでを応援

庭池やピザ窯、炭などのちょっと変わり種DIYを紹介しています

URL:  https://context-japan.co.jp/ryokin/

DIYの庭作りに必要なアイテムは?

DIYの庭作りに必要なアイテムは?

DIYで庭作りをする際には、アイテムの準備が必要です。事前に以下のアイテムを確認し準備しておくことで、作業をスムーズに進められます。

シャベル  
レンガ
電動ノコギリ
チェーンソー・芝刈り機
ポータブル電源

それぞれの活用シーンや必要性も紹介します。庭作りを始める方は、必ずチェックしておきましょう。

①シャベル

シャベルは、DIYの庭作りに必要不可欠な道具です。土を掘ったり、植物を植えたりする時に活躍してくれます。特に土壌を整地する際には、なくてはならないアイテムです。理想的な庭のベースを作り上げるためにも、必ず必要になってきます。

なかでもおすすめは、ステンレス製のシャベルです。アルミ製のものよりも耐久性が高く、固い土壌も掘り返せます。

また、ステンレスのクロムが素早く酸化してくれるので、錆びに強いです。長く愛用できるので、ぜひ使ってみてください。

②レンガ

レンガも庭作りの必須アイテムです。庭の外観の縁取りとして使用すれば、オシャレなテラスや歩道が再現できます。

また、花壇や植木鉢を囲む縁石としても使用できます。庭を鮮やかに彩ってくれて、殺風景な色合いに変化をもたらしてくれるアイテムです。

ただし、レンガを使用する際には、重さやサイズに注意が必要です。その土地に合ったものでないと、上手く組み立てられなくなります。

そして、レンガを組み立てる際には、しっかりと固定する必要があります。ドライモルタルやセメントをレンガとレンガの間に流し込み、強く固めるようにしてください。

③電動ノコギリ

電動ノコギリは、DIYで活躍するアイテムのひとつです。電動で刃を前後に動かしてくれるので、自ら動かす必要がありません。ですので、自宅に生えている余分な木や枝などを効率的にカットできます。限られた時間でスムーズに作業を進めるためにも、必要なアイテムです。

また、庭作りでデッキやチェアを作る際にも活躍してくれます。素早く木材をカットできるので、完成までのスピードも早まるでしょう。

ただし、電動ノコギリを扱う際には、十分な注意が必要です。袖口が大きく開いた服や裾が広がっているズボンは、電動ノコギリに巻き込まれる可能性があります。

正しい姿勢で持ち、周囲に人や物がいないことを確認してください。手袋や防塵メガネ、安全靴なども着用しておくと良いです。また、電源を必要とする電動ノコギリもあるので、ポータブル電源などを使って電力を供給してあげましょう。

④チェーンソー・芝刈り機

DIYの庭作りには、チェーンソーや芝刈り機もあると便利です。特に庭作りの最初の工程となる整地で活躍してくれます。チェーンソーは、刃を素早く回転させて対象物をカットするアイテムです。大きな木を伐採するために使用することができ、手作業よりも効率的に切れます。

芝刈り機は、庭に生えた芝生や雑草を刈り込むためのアイテムです。均一な長さに整えられるので、整地だけでなくメンテナンス時にも活躍します。

しかし、こちらのチェーンソーや芝刈り機も、安全に注意しなければいけません。特にチェーンソーを使用する際には、防塵メガネや手袋を着用する必要があります。そして、周囲に人がいないかを確認してから使ってください。

また、こちらも直接電源を必要とするアイテムがあります。発電機やポータブル電源も用意し、電力を供給するようにしてください。

関連人気記事:屋外で電源を確保する方法4選!DIYやキャンプなどシーン別に解説

⑤ポータブル電源

ポータブル電源は、DIYの庭作りで活躍する非常に便利なアイテムです。コンパクトな本体に電力を確保でき、蓄えた電気を電動ノコギリやチェーンソーなどに供給できます。

一般的に庭には電源がない場合が多く、電動工具を使うためには配線を引かなければいけません。そんな時にポータブル電源を使用すれば、準備の手間を大きく省けます。屋外で必要な電力をスムーズに供給でき、作業が捗るでしょう。

また、ポータブル電源の種類によっては、ソーラーパネルを使っての充電もできます。日差しを利用して充電できるので、コストもかかりません。使い勝手の良いポータブル電源を選び、庭作りの作業を効率的にしてみましょう。

DIYの庭作りにJackeryの大容量ポータブル電源がおすすめ

DIYの庭作りにJackeryの大容量ポータブル電源がおすすめ

Jackeryのポータブル電源は、大容量のバッテリーです。電動ノコギリ(1000W)芝刈り機(500W)などのさまざまなDIY道具を稼働できます。また、余分なパーツを排除しておりコンパクトです。重量も軽いので、屋外への持ち運びも快適になっています。さらに、過負荷が生じた際に、放電や充電を停止してくれるBMSやNCMも搭載。電気用品安全法(PSE)も取得しているので、安心してDIYに取り組めます。

そこでJackeryのポータブル電源のなかでも、特におすすめの3機種をご紹介します。

Jackery ポータブル電源 1000Pro

Jackery ポータブル電源 1500Pro

Jackery ポータブル電源 2000Pro

これらの機種を使えば、DIYの庭作りを効率的に進められること間違いなしです。気になった商品があれば、購入を検討してみてください。

①Jackery ポータブル電源 1000Pro

Jackeryのポータブル電源1000Proは、コンパクトで軽量のタイプです。サイズ(約340x262x255mm)重さ(約11.5kg)しかありません。そのため、離れた場所へも持ち運びやすいです。

また、コンパクトながら、1002Whの容量を確保しています。電動ノコギリなどのDIY道具を動かすには必要十分です。高速充電も対応しています。ACコンセント充電で最速1.8時間でフル充電できます。

移動しながら庭作りを行う方は、ポータブル電源1000Proを購入しましょう。

②Jackery ポータブル電源 1500Pro

Jackeryのポータブル電源1500Proも、大容量モデルのアイテムです。1512Whのバッテリーを搭載しており、1800Wの出力が可能です。

そのため、チェーンソーや電動ノコギリなどを長時間使用できます。長く作業に没頭する方は、こちらの機種がおすすめですね。

また、コンセント約2時間、ソーラーパネル約2時間(200W X 6)で満充電にできます。すぐに電力を蓄えられるので、ストレスなく使えるでしょう。

③Jackery ポータブル電源 2000Pro

Jackeryのポータブル電源2000Proは、規格外の大容量ポータブル電源です。2160Whの大容量と2200Wの定格出力を確保しており、大型工具も電池量を気にすることなく使えます。

さらに、ソーラーパネルを6枚接続すれば、2.5時間で満充電にできます。太陽光を利用して発電できるので、非常にエコです。

庭作りに没頭される方は、大容量で素早く充電できる2000Proを購入してみてはいかがでしょうか。

DIYで夢の庭作りを実現しよう

DIYで作業を行えば、自分だけの夢の庭を再現できます。シンプルな庭からリゾート感のある空間も演出できるのでおすすめです。

そんな庭作りには、Jackeryポータブル電源を使用してください。コンパクトで持ち運びが容易なだけでなく、屋外で使う電動工具に必要な電力を供給できます。

今回紹介した内容を参考に、Jackeryのポータブル電源を使って、自分だけの理想の庭を再現してみてはいかがでしょうか。


コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。