猛暑時の停電では熱中症に注意!夏の停電時の対策と防災グッズ8選

地震や台風、落雷や大雪など、日本では様々な自然災害が発生しています。
こうした自然災害によって、起こり得るのが停電です。

日頃から、自然災害による停電に備えて、防災対策をしている方は多いはず。
しかし、夏に停電が起きたときの対策までは、していないという方も多いのではないでしょうか?

他の時期と違って、夏に停電が起きると、熱中症にかかるリスクが高くなります。
そうならないよう、夏の停電に備えた対策も、しっかりしておきましょうね。

今回は、夏に停電したときの熱中症対策や、防災グッズについて、紹介していきます。

真夏に停電が起きたときの対策をしておこう

夏に停電が起きても、短時間で復旧すれば、大きな問題にはなりません。しかし、自然災害によって電力施設が被害を受ければ、復旧までに時間がかかってしまうことも。

例えば、2019年9月に房総半島を襲った「台風15号」では、千葉市で最大瞬間風速57.5メートルを記録し、住宅のほか、電力施設も大きな被害を受けました。

その結果、千葉県を中心に約93万戸が停電し、解消までに約16日間を要しました。

さらに、台風15号では、停電に加えて、最大約14万戸で断水も起きています。

このように、自然災害による長期停電は、現実に起こり得ることです。

そのため、真夏に停電が起きたときの備えは、欠かせません。

猛暑時に停電すると熱中症対策が難しくなる3つの理由

真夏に停電や断水が起きれば、熱中症にかかるリスクが高くなります。

熱中症は、温度が高い環境にいて、体温調節がうまくできなくなることが原因で起こるもの。

熱を放出できず、体内にこもってしまったり、大量の汗をかいて、水分や塩分のバランスが崩れたりすることで、熱中症を引き起こしやすくなるのです。

熱中症を防ぐには、「体温を下げる」・「水分補給」が重要です。

しかし、真夏に停電が起きてしまうと、以下の理由から、上記の対策もしにくくなってしまいます。

  1. 冷房器具が使えず、体温が上昇してしまう
  2. 冷蔵庫が使えず、冷却アイテムが使えない
  3. 断水が起きれば、水分補給もできない可能性がある

ここでは、それぞれの理由について、説明していきますね。

①冷房器具が使えず体温が上昇してしまう

停電が起きれば、エアコンや扇風機など、コンセント式の冷房器具が使用不能に。
冷房器具が使えなければ、室温も体温も上がってしまいますし、下げることもできません。

②冷蔵庫が使えず冷却アイテムが使えない

冷房器具が使えないなら、保冷剤などの冷却アイテムを使って、体を冷やすという方法もあります。しかし、保冷剤を入れておくのは、電気の通った冷蔵庫の冷凍室です。

停電が起きれば、冷蔵庫も使えなくなり、中に入っている保冷剤も溶けて、使い物にならなくなってしまいます。

③断水が起きれば水分補給もできない可能性がある

停電のほかに、断水も起きれば、水分補給もできなくなる危険があります。

「コンビニで水を買えばいい」と思うかもしれませんが、断水が起きれば、水が売り切れてしまうことは十分に考えられます。

熱中症対策には、水分補給が重要です。

体温の上昇に加えて、水分補給もできないとなれば、熱中症にかかるリスクが飛躍的に高くなってしまいます。そうならないためにも、夏の停電時には、暑さ対策だけでなく、水を備えておくことも重要ですよ。

夏に停電したときの熱中症対策7選

夏に停電すると、熱中症のリスクが高くなると説明しましたが、しっかり対策しておけば、このリスクを低く抑えられますよ。

夏に停電したときの熱中症対策は、大きく以下2種類に分けられます。

ここでは、それぞれの対策について、紹介していきますね。

①電気を使わない暑さ対策4選

電気を使わない暑さ対策は、以下のとおり。

  • 窓を開ける
  • 保冷剤を使う
  • うちわや扇子を使う
  • 水風呂を入れる

冷房器具が使えなくても、室温を下げられれば、体温の上昇を抑えられます。室温を下げるのに有効なのは、部屋の窓を開けて、風を入れる方法。日陰になっている箇所の窓を、開けておきましょう。

室温を下げられなくても、体を直接冷やすことで、体温を下げる方法もあります。特に有効なのが、保冷剤などの冷却アイテムを使う方法。首やわきの下、太ももの付け根などを冷やすと、効果的ですよ。

保冷剤は、停電が起きたら、すぐにクーラーボックスに移すようにしましょう。こうすることで、冷蔵庫が使えなくなっても、保冷剤が溶ける速度を遅くできます。

保冷剤以外には、うちわや扇子を使うのもおすすめ。

バスタブに水をためて、水風呂に浸かるのも、有効な方法です。

②電気を使った暑さ対策3選

停電が起きてしまっても、電気を使って、暑さ対策をする方法もあります。

電気を使った暑さ対策は、主に以下のとおり。

  • 車のエアコンを使う
  • 電池式の冷房アイテムを使う
  • ポータブル電源と冷房アイテムを使う

室内でエアコンが使えないなら、車に避難して、車内のエアコンを使うという方法も。

ただし、車を止めている状態で、長時間エアコンを付けておくと、バッテリーに大きな負荷がかかってしまうため、あくまで一時的な利用に留めましょう。

室内では、ハンディファンなど、電池式の冷房アイテムを用意しておけば、停電になっても、手軽に涼めますよ。

さらに、ポータブル電源があれば、サーキュレーターなど、コンセント式の冷房アイテムの使用も可能。

ポータブル電源については、次の「夏の停電に備えて!用意しておきたい防災グッズ8選」のパートで、詳しく紹介しますね。

夏の停電に備えて!用意しておきたい防災グッズ8選

夏の停電時に、熱中症にかかることを防ぐには、防災グッズを備えておくことが重要です。

熱中症予防に、備えておくべきアイテムは、主に以下の8種類。

  1. 大量の水
  2. 塩タブレット
  3. 経口補水液
  4. クーラーボックス
  5. 保冷剤
  6. 冷却タオル
  7. 乾電池式のハンディファン
  8. ポータブル電源とサーキュレーター

ここでは、それぞれのアイテムについて、説明していきますね。

①大量の水

熱中症対策には水分補給が重要となれば、水の準備は欠かせません。断水時に直接飲むのはもちろん、暑さ対策の水風呂を作るのにも役立つので、大量に備蓄しておくと安心ですよ。

大量の水を備蓄しておくのには、ペットボトルを使うのが有効です。ミネラルウォーターを箱買いしてもOKですし、空のペットボトルに水道水を入れて、保管しておいてもいいでしょう。

水を入れたペットボトルのいくつかは、凍らせておくと便利です。凍らせた水は保冷剤のかわりにもなるので、体温を下げるのに使えます。

②塩タブレット

熱中症は水分だけでなく、塩分の不足によっても起こります。そこで用意しておきたいのが、手軽に塩分がとれる塩タブレット。

塩タブレットは、ドラッグストアや通販などで購入できますよ。

③経口補水液

脱水症に陥った場合に備えて、経口補水液も用意しておきましょう。

経口補水液とは、水とカリウムやナトリウムなどの「電解質」が、適切な濃度で配合された飲料。

脱水は、水分だけでなく、電解質が不足した状態で起こるため、両方が摂取できる経口補水液は、脱水症の療法に用いられています。

経口補水液は、薬局やドラッグストア、通販などでも販売されています。

見た目はスポーツドリンクに似ていますが、あくまで治療用の飲料なので、用法用量を守って飲みましょうね。

④保冷剤

真夏の停電において、保冷剤を有効活用するために必須のアイテムが、クーラーボックスです。

停電が起きて、冷蔵庫が使えなくなっても、クーラーボックスに移すことで、保冷剤が溶ける速度をグッと遅らせられます。

保冷剤を入れておくことで、クーラーボックス内の温度も低く保てるので、保冷剤は体を冷やす用と、クーラーボックスの温度を保つ用に分けておくといいでしょう。

⑤クーラーボックス

夏の停電時に、体温を下げるのに欠かせないのが保冷剤です。

わきの下に直接挟むほか、保冷剤を巻いたタオルを首に巻くのも有効ですよ。

保冷剤は、お店でケーキやアイス(コンビニは除く)を買ったときに付けてもらえるほか、100均でも、複数個が1セットになって販売されています。

長期間の停電にも耐えられるよう、大量に用意しておくようにしましょう。

⑥冷却タオル

冷却タオルは、水に濡らして絞り、広げた状態で数秒間降り回すだけで、冷たくなるという優れもの。

保冷剤と同じように、首に巻くなどして、体を冷やすのに有効です。

体温で温くなっても、また水に濡らしたり、降ったりするだけで、すぐに冷やせ直せますよ。

⑦乾電池式のハンディファン

停電時に冷風で涼むには、うちわや扇子などを使ってもいいのですが、長時間ずっと扇ぎ続けるのは大変ですよね。

そこでおすすめなのが、ハンディファンです。乾電池式のハンディファンがあれば、停電時にも、電池で小型の扇風機が動かせます。

長期間の停電に備えて、乾電池もたくさん用意しておきましょう。

⑧ポータブル電源

ポータブル電源は、持ち運びのできる電源(コンセント)であり、蓄電池です。

自宅のコンセントから充電でき、ためた電気を利用して、電化製品を動かせます。屋外でも電化製品が使用できるポータブル電源は、キャンプなどのアウトドアや車中泊で活躍するギアですが、災害が起きたときの非常電源にもぴったり。

ポータブル電源があれば、停電時であっても、扇風機やサーキュレーターなどの、コンセント式の冷房器具を使用できますよ。小型家電の充電もできるので、スマホやUSB式のハンディファンの充電にもおすすめ。

ただし、エアコンの使用はできないので注意しましょう。

Jackery ポータブル電源 1500

Jackery ポータブル電源1500 新機種は、大容量タイプとなっています。1488Whの容量、定格出力1,800W(瞬間最大3,600W)で機器への給電が可能なポータブル電源です。2箇所の充電用入力ポートを搭載することで、通常約5.5時間かかるフル充電を約3.5時間でおこなうことができるツインターボシステという機能を搭載しています。新たなデザインの「スマートスクリーン」という液晶ディスプレイが採用されていて、カラーディスプレイになっていて視覚でインプットやアウトプットなど現在の利用状況を確認できます。夜釣り・キャンプ・車中泊などのアウトドアでの使用はともかく、災害時の停電の備えとしても1台あると十分です。

Jackery ポータブル電源 1000

1002Whの大容量、定格出力1000W(瞬間最大2,000W)で機器への給電が可能なポータブル電源です。サイズは、33.2×23.3×24.3cm、重さ10.6㎏とポータブル電源としては、トップレベルの大容量が特長となり、高出力の電化製品にも対応できる機種です。USB端子はPDやQC3.0急速充電に対応したポートを含めて、合計4個搭載しており、AC出力も3口あり、最大8個の機器に同時給電が可能です。1002Whの大容量でありながらコンパクトサイズなので、キャンプなどの屋外での使用はもちろん、災害時の停電の備えとしても1台あると安心です。

Jackery ポータブル電源 708

708Whの大容量、定格出力500W(瞬間最大1,000W)で機器への給電が可能なポータブル電源です。サイズは、29.97×19.15×19.05cm、重さ6.8㎏と200Wh、400Whよりはサイズは大きくなりますが、大容量700Whとしてはコンパクトなサイズとなっています。USB-C出力×1、USB-A出力×2、AC出力×2、DC出力(シガーソケット)×1と多くの口数があり、スマートフォン、タブレット、その他の電化製品など、同時に多くの出力電源が必要な際に便利です。

Jackery ポータブル電源 400

400Whの容量、定格出力200W(瞬間最大400W)で機器への給電が可能なポータブル電源です。サイズは、23×13.5×16cm、重さ4.1kgと十分な容量でありながら、コンパクトなサイズが特長です。また、USB出力×2、AC出力×1、DC出力(シガーソケット)×1と複数出力が可能なので、キャンプなどの屋外でスマートフォンやサーキュレーターなどを同時に使用するのに適しています。また、冬場のキャンプなどで電気毛布を使用するのに1晩使用できます。

Jackery ポータブル電源 240

240Whの容量、定格出力200W(瞬間最大400W)で機器への給電が可能なポータブル電源です。サイズは、23×13.5×16cm、重さ3.2kgと非常にコンパクトで、Jackeryのほかの機種と同様にコンパクトにおさまる取っ手がついているおり、持ち運びに便利でピクニックや短期間のお出かけに適しています。また、本体への充電は、ACコンセントで約7時間、シガーソケットで約7時間、別売りのソーラーパネル(60W、天候による)だと約8時間でフル充電できます。

まとめ

毎年のように、大規模な自然災害が起きる日本では、防災や停電の対策が欠かせません。

特に、夏に停電が起きると、熱中症の危険が高くなるため、注意が必要です。

猛暑時に停電が起きても、熱中症にかからないように、この記事で紹介した方法や防災グッズを使って、事前に対策しておきましょう。

関連製品

Jackery ポータブル電源 1000 セット
 ¥166,600(税込

Jackery ポータブル電源 240 セット
 ¥36,600(税込

Jackery ポータブル電源 1000

 ¥139,800(税込

8Jackery ポータブル電源 1500

 
¥176,000(税込

関連記事

【徹底比較】発電機VSポータブル電源
【徹底比較】発電機VSポータブル電源
自分や家族、家族の一員であるペットを守るために。今知っておきたいコロナ禍の災害時避難 ...
詳しく見る