車中泊やキャンプ、防災で安心できるJackery ポータブル電源をご紹介

Jackery
ポータブル電源

Jackery
ポータブル電源

ポータブル電源とは?

ポータブル電源とは?

ポータブル電源とは、本体に内蔵されているバッテリーに大量の電気を蓄えて、停電時やコンセントのない場所で搭載のACやUSB出力ポートから様々な電子機器(スマホやカメラ)や家電製品(冷蔵庫や電気毛布など)に給電できるアイテムです。ACコンセント付きで、一般的なモバイルバッテリーより容量が大きいため、蓄電池としても使用できます。

市販のポータブル電源のほとんどは、AC、USB、DCと3種類の出力ポートを同時に搭載しており、機種により同時複数の家電に給電することも可能です。大容量でありながらコンパクトのため、キャンプや車中泊だけではなく、地震や台風などの災害による停電時の非常用電源として人気が高まっています。

 

ポータブル電源とは?

ポータブル電源の構造と仕組みは?

ポータブル電源はインバーターを使って、DC12V直流電力をAC100V交流電力に変換するという仕組みで電力を供給します。本体への充電方法は、ACコンセントによる充電のほか、車のシガーソケットを使った走行充電、太陽光発電を利用したソーラーチャージャーもできるので、長期間の車中泊や停電時も対応できます。ソーラーパネルを使ってエコで経済的に充電した後、ACやDC、USB出力ポートから電子機器や生活家電へ電力を供給することができます。

ポータブル電源の構造と仕組みは

ポータブル電源とモバイルバッテリーの違いは?

モバイルバッテリーは1万~2万mAhくらいまでの電力をUSB-AやUSB-Cで出力してスマホやタブレットに充電する容量の小さいバッテリーで、パソコンや扇風機などには使えません。

ポータブル電源はモバイルバッテリーより大容量だけではなく、AC出力ポートも備えて定格出力も高いため、モバイルバッテリーの対応できない家電(冷蔵庫、扇風機など)やパソコンにも使えます。また、大容量のポータブル電源は炊飯器やドライヤー、電子レンジなど消費電力の高い生活家電も問題なく長時間稼働できます。

ポータブル電源の選び方

出力波形は正弦波なのか?

基本的に電化製品が正弦波に合わせて設計されているので、出力波形が正弦波のポータブル電源を選ぶことを推奨します。ポータブル電源では、電気の波形が「正弦波」ではなく、「矩形波」、「修正波」の場合もあるので注意が必要です。

家庭で使用する電化製品はほぼ「正弦波」を前提に設計されているため、矩形波や修正波のポータブル電源で稼働すると、一時的には問題なく動作しても故障につながる恐れがありますので、「正弦波」が推奨です。

Jackeryのポータブル電源は、正弦波をしており、且つ周波数50/60HZ)も自由に切り替えできます。

ポータブル電源 正弦波

AC出力の電圧が日本仕様の100Vなのか?

日本で販売されているポータブル電源の電圧をよく調べると、製造メーカーによって100V、110V、120Vのものがあります。日本国内の商用電源電圧は一般住宅・オフィス用が主に100Vですので、100V以外のポータブル電源は特別で製造された日本向けの製品ではないです。出力電圧が110V、120Vのポータブル電源で使用した場合は、電化製品が故障したり、寿命が短くなったり、普段と違う動作、異常発熱、異臭が起こる可能性がありますのでご注意ください。

Jackeryのポータブル電源は、出力電圧が100Vであり、安心してご利用いただけます。

AC出力の電圧が日本仕様の100Vポータブル電源

定格出力

定格出力とは、ポータブル電源が、安定して出力し続けられる電力の量です。電化製品にはそれぞれ、「消費電力」があります。
ポータブル電源に接続した電化製品の消費電力が、ポータブル電源の定格出力を超えると、その電化製品を動かすのに必要な電気を送れず、運転がストップしてしまいます。

例えば、「ポータブル電源の定格出力:500W < 電化製品の消費電力:700W」のような場合は、ポータブル電源に接続しても、その電化製品は稼働できません。

もし、家電の消費電力に詳しくない場合、定格出力の高いポータブル電源がおすすめです。例えば、Jackeryポータブル電源2000Plusの場合、定格出力が3000Wとの高出力でほぼ全ての家電を稼働できます。

バッテリー容量

ポータブル電源の容量は、通常Whで表示され、家電の消費電力(W数)×利用時間(h)で必要なバッテリー容量を計算できます。容量が大きいほど、家電を稼働できる時間も長いです。大人数で使用する場合、又は1回の充電でできるだけ長く使いたい場合は、大容量のポータブル電源がおすすめです。

Jackery(ジャクリ)は、99Wh~3,024whと小容量から大容量まで幅広い製品を提供しております。機種によっては、拡張バッテリーの増設によりポータブル電源の容量を最大12Kwh(直列)まで増やせます。

ポータブル電源 定格出力とは

寿命(サイクル数)

ポータブル電源の寿命は、年数ではなく、サイクル数で表現れます。一般的にリチウムイオンバッテリーを採用したポータブル電源は、サイクル回数で約500~3,000回が目安となっております。サイクル数が多ければ、寿命も長いと考えてよいでしょう。

耐久性に優れたリン酸鉄リチウムイオン電池を使ったJackeryポータブル電源Plusシリーズは、サイクル数で4,000回と長寿命を実現できており、毎日使っても10年以上も使えます。

 

Jackeryポータブル電源Plusシリーズ製品一覧

 

ポータブル電源寿命

防災や車中泊、キャンプで安心できるJackeryポータブル電源

Jackeryポータブル電源Plusシリース

10年間以上使える超長寿命ポータブルバッテリー

最新のリン酸鉄リチウムイオンバッテリーを使ったJackery Plusシリーズは、サイクル数で最大4,000回と業界を誇る超長寿命を実現。

バッテリー拡張機能が対応しており、容量を最大24Kwhまでご自由に拡張できるモデルも揃えており、家庭用蓄電池として一家に一台あればアウトドアだけではなく災害や停電などの非常時にも安心。

高速充電のProシリーズ性能を踏襲しつつ、「アプリで遠隔操作」「EPS機能」など様々な進化を遂げた最強のポータブル電源。

さらに詳しく

Jackery Plusシリーズの主要スペック・給電時間の目安(例)

製品     ポータブル電源 2000Plus ポータブル電源 1000 Plus ポータブル電源 600 Plus ポータブル電源 300 Plus Jackery Explorer 100 Plus

画像

価格

Sold out
Sold out
Sold out
Sold out
Sold out

容量

2,042Wh

※最大24KWhまで拡張可能

1,264Wh

※最大5KWhまで拡張可能

632Wh

288Wh

99.2Wh

定格出力

3,000W

2,000W

800W

300W

128W

充電時間

最速2時間

最速1.7時間

最速1時間

最速2時間

最速1.8時間

出力ポート数

ACⅹ5
DCⅹ1
USBⅹ4

ACⅹ3
DCⅹ1
USBⅹ4

ACⅹ2
DCⅹ1
USBⅹ3

ACⅹ1
DCⅹ1
USBⅹ3

USB-Aⅹ1
USB-Cⅹ1

スマホ(29W)

80回

53回

27回

13回

6.2回

パソコン(80W)

13回

8回

5回

2回

1.8回

車載冷蔵庫(60W)

26~70時間

18~45時間

6~23時間

4~20時間

/

電気毛布(55W)

22時間

14時間

8時間

4時間

/

電気ケトル(850W

1.9時間

1.2時間

/

/

/

※ポータブル電源が使える家電は上記に限りません。また、上記の給電目安時間はあくまでも参考数値で、実際利用する電化製品や使用状況により変わることがあります。

Jackeryポータブル電源 Proシリース

軽量で急速充電対応できる大容量ポータブ電源

 

三元系リチウムイオンバッテリーを採用して、高速充電対応が可能なProシリーズは、市販の同クラスのポータブル電源に比べて更なる軽量化を実現。

高出力でほとんどの家電を稼働できるProシリーズは、大容量にコンパクト・軽量な電源を求める方に特におすすめ。最大10個の機器に同時給電できるので、大人数のキャンプや車中泊だけではなく、万が一の停電時にも安心。

 

Jackery Proシリーズの製品スペック一覧

製品 ポータブル電源 3000 Pro ポータブル電源 2000Pro ポータブル電源 1500Pro ポータブル電源 1000 Pro

画像

価格

Sold out
Sold out
Sold out
Sold out

容量

3,024Wh

2,160Wh

1,512Wh

1,002Wh

定格出力

3,000W

2,200W

1,800W

1,000W

出力ポート

AC×5

USB×4
DC×1

AC×3

USB×4
DC×1

AC×3

USB×4
DC×1

AC×3

USB×4
DC×1

充電速度

最速2.8時間

最速2時間

最速2時間

最速1.8時間

重量

約29kg

約19.5kg

約17kg

約11.5kg

スマホ(29w)

126回

90回

63回

45回

ノートPC(80W)

20回

14回

9回

7回

電気毛布(55W)

34時間

24時間

17時間

14時間

車載冷蔵庫(60w)

108時間

120時間

54時間

14時間

電気ケトル(850w)

3時間

2時間

1.4時間

1時間

※上記の給電目安時間はあくまでも参考数値で、実際利用する電化製品や使用状況により変わることがあります。

Jackeryポータブル電源 無印シリーズ

初心者向けコンパクトで使いやすいポータブルバッテリー

キャンプや車中泊、釣りなどアウトドアに使うためのバッテリーをお探しの初心者におすすめのモデルです。

 

従来のシリーズでコンパクトで持ち運びやすく、小容量から大容量までラインアップが多く、安価で導入できるので、ポータブル電源初心者に最適。

Jackery 通常モデルの製品スペック&給電目安一覧(例)

製品 ポータブル電源 240 ポータブル電源 400 ポータブル電源 708 ポータブル電源 1000 ポータブル電源 1500

画像

価格

Sold out
Sold out
Sold out
Sold out
Sold out

容量

241.9Wh

403Wh

708Wh

1,002Wh

1,534Wh

定格出力

200W

200W

500W

1,000W

1,800W

出力ポート

AC×1

USB×2
DC×1

AC×1

USB×2
DC×1

AC×2

USB×3
DC×1

AC×3

USB×4
DC×1

AC×3

USB×3
DC×1

充電速度

5.5時間

7.5時間

5時間

7.5時間

最速4時間

重量

約3.1kg

約4.1kg

約6.8kg

約10.6kg

約16kg

スマホ(18w)

14回

22回

40回

54回

74回

ノートPC(30W)

3回

5回

9回

12回

16回

電気毛布(55W)

4時間

6時間

10時間

13時間

17時間

車載冷蔵庫(60w)

19時間

6時間

10時間

38時間

90時間

※上記の給電目安時間はあくまでも参考数値で、実際利用する電化製品や使用状況により変わることがあります。

ポータブル電源の使い道・使い方

災害による停電対策・備え

ポータブル電源 停電防災用

近年、台風や地震などの災害が増えており、その際、停電したら家の電化製品はもちろん、灯りとなるライトも使えなくなります。停電復旧までの非常用電源としてポータブル蓄電池を使えば、普段通りに生活を送れます。

Jackeryポータ電源2000Plusのような大容量で高出力のポータブルバッテリーなら、ほぼ全ての生活家電を稼働でき、同時に複数の家電に給電可能なので、家庭や業務用非常用電源として最適です。

また、ソーラーパネルと併用してソーラー発電を活用すれば、長期間の停電でも太陽光発電でポータブル電源に充電できるので安心です。

車中泊

ポータブル電源の車中泊での使い方

ポータブル電源を車中泊に導入すれば、エンジンを切った状態でも電気が使えます。暑い時期であれば、車載冷蔵庫で冷やした飲み物を飲み、扇風機を体に当てながら、液晶テレビで映画鑑賞を楽しむこともできます。

また、炊飯器やIH調理器などの調理家電を使って温かい食事を楽しんだり、電気ケトルでコーヒーを飲んだり、ドライヤーで髪を乾かすこともできるので、快適な車中泊生活を送れます。

さらに寒い冬で車中泊をする際に、電気毛布をかけて温まりながら寝ることもできます。

電気代の節約

ポータブル電源で電気代の節約をする

電力不足などにより、電気代が高騰している現在、電気代の節約は一般家庭の課題になっています。ポータブル電源は、防災や車中泊などだけではなく、電気代の節約にも活用できます。

例えば、ポータブル電源とソーラーパネルセットで使うことで、設置工事なしで太陽光発電がお手軽に実現できます。太陽光で発電した電力を一部家電に使うことで電力会社から購入する電力が減ることにより、電気代の節約になります。

また、電気代の安い夜間帯でポータブル電源に充電し、料金の高い昼間にポータブル電源から家電に給電することで電気代が節約できます。

キャンプや釣りなどのアウトドア

キャンプや釣りなどのアウトドアでポータブル電源を活用

キャンプにポータブルバッテリーを持っていくと、電源なしサイトでも、電気毛布や扇風機、プロジエクター、ポータブルクーラーや調理家電など様々な家電が気軽に使えるので、キャンプの快適さと楽しさは一気にアップできます。

また、釣り、天体観測、テント泊登山やハイキング、サイクリングなどアウトドアアクティビティで活用されているユーザーも多いです。

ポータブル電源さえあれば、都市から離れた森の中でオフグリッド生活を簡単に実現できます。

コンセントが届かない場所

コンセントが届かない場所で電源を確保

家庭では一般的にACコンセントを使用するので電源に困りませんが、コンセントが届かない場所で電源を必要とする際に、持ち運び可能なポータブル電源があると複雑なコンセント増設作業しなくても電源確保ができるので便利です。

庭バーベキュー、路上ライブ、屋外でのDIYや撮影現場で作業をする際、調理家電や電動工具の稼働にポータブル電源は役立ちます。

また、スマートフォン、タブレット、その他の電化製品など、同時に多くの出力電源が必要な際に、AC、DC、USBなどの出力源があるので便利です。

Jackery(ジャクリ)ポータブル電源が選ばれる理由

防災安全協会推奨

Jackery ポータブル電源、ソーラーパネルの各製品は、防災製品等推奨品認証を取得しており、防災分野で有益な活用が可能で安全性、機能性、利便性に寄与する製品として認証されました。

防災製品等推奨品とは、災害時に有効に活用できて安全と認められる防災用品に対して推奨する制度で、一般社団法人防災安全協会が認定しています。

防災安全協会推奨マークを取得したJackeryポータブル電源

BMS搭載とPSEマークの表示

Jackeryのポータブル電源は、安心してご利用いただける高性能なBMSシステムを搭載しております。

BMSとは、バッテリーマネジメントシステムとことで、ポータブルバッテリーの安全性と効率を保つために欠かせないものとして、過充電保護、過放電保護、過電流保護、短路保護、温度保護など様々な役割を果たしています。

さらに電気用品安全法の基準に適合した電化製品にのみ掲示されるPSEマーク、リチウムイオン電池の国際基準の一つである「UN38.3」(国連特別輸送試験)の認証も取得しているため、安心してご使用することができます。

 

安全性の高いJackeryポータブル電源

販売台数400万台突破&創業12年の実績

Jackeryポータブル電源ソーラーパネル製品は、全世界で販売台数400万台以上の業界トップクラスを誇る販売実績を達成。創業して12年、長期にわたって個人ユーザーだけではなく、一般企業や地方高級団体をはじめ、学校や建築など幅広いユーザー様に使用と信頼されています。

Jackery販売実績

最大5年間の製品保証&無料回収サービス

Jackeryのポータブル電源製品は、最大5年間の長期保証サービスに加えて、故障時の修理サービスや、

不要になったポータブル電源の無料回収サービスも提供しているので、購入後もご安心いただけます。

Jackeryポータブル電源最大5年間の製品保証

2年連続の「アウトドア家電部門」金賞を受賞

ポータブル電源・ソーラーパネルセット製品「Jackery Solar Generator 2000 Pro」 が家電と暮らしの情報サイト「家電WATCH」とモノ・トレンド情報誌「GetNavi(ゲットナビ)」が共同で開催した「家電大賞2022‐2023」にてアウトドア家電部門・金賞を受賞したのに続き、2024年はリン酸鉄リチウムイオン電池を使ったJackery Solar Generator 1000 Plusは、 「家電大賞2023-2024」の「アウトドア・防災家電部門」で金賞を受賞できました。

投票者からは「ソーラーパネルとポータブル電源は今の時期にぴったりの家電」「日常時はもちろん、災害や非常時にも大変活躍できる画期的な製品」「毎日1回充放電しても10年間以上使える耐久性の高さが良い」「コンパクトで使いやすい、防災面からも秀逸」などの声を頂戴しました。

 

Jackeryは2年連続の「アウトドア家電部門」金賞を受賞

Red Dot Design Award

Jackery ポータブル電源 1500が、国際的なデザイン賞「Red Dot Award 2021プロダクトデザイン賞」を受賞しました。

Red Dot Design Award は、 iF DESIGN AWARD、International Design Excellence Awards (IDEA)と並ぶ「世界三大デザイン賞」の一つで、国際的に権威のあるデザイン賞です。

Red Dot Design Award

CES 2020 Innovation Award

Jackeryが最先端テクノロジーが集まる世界最大の展示会、CES 2020のInnovation Award (イノベーションアウォード)を受賞しました!

イノベーション・アワード(Innovation Awards Honoree)とは、28の分野を対象として実施している年間プログラムで、毎年CESに出展する企業・製品の中でも、特に優れたものに贈られる賞です。

CES 2020 Innovation Award

Amazon Best Seller

Jackeryのポータブル電源とソーラーパネルの世界累計出荷台数が400万台を突破。Amazon最大のECイベント「Amazon ECサミット」において2021年10月6日に発表された「Amazon.co.jp 出品者アワード2021」においてイノベーティブブランド賞を受賞いたしました。

Jackeryのポータブル電源とソーラーパネルの世界累計出荷台数が200万台を突破!

様々なメディアでの紹介

株式会社Jackery Japanは、大手新聞社、テレビ局など国内外の有名メディア200社以上に掲載され、推奨されています。特にアウトドア関連メディアには数多く掲載され、キャンプを電気で快適にする、キャンプギアとして広く認知されています。

株式会社Jackery Japanは様々なメデイアに掲載

お客様から頂いた声

Jackery公式サイトで購入するメリット

3年保証

最大5年保証
30日間以内返品可能

安心の修理サービス

安心の
修理サービス

日本全国送料無料

日本全国送料無料
最短翌日届く

豊富な決済方法

豊富な決済方法から
選べる

ポータブル電源に関するよくある質問

ポータブル電源がフル充電後何ヶ月で残量が0になりますか?

100%充電後長期保管する場合は、三ヶ月経っても、80%以上の電気量を保持することができます。Jackery(ジャクリ)の ポータブルバッテリーは使用しない場合、自然放電が少ない(前提条件はスイッチを開かないことです)ので、長期保管してもいざという時に十分な電気を供給できるのでご安心です。

ポータブル電源は充電しながら機器に給電できますか?

通常、パススルー充電を対応できないポータブル電源の場合、ACコンセントで充電しながら電子機器に給電することはバッテリーの劣化を招く可能性がありますので、おすすめしません。JackeryのProシリーズとPlusシリーズポータブル電源は、パススルー充電を対応できるので、充電しながらの給電でもバッテリーが劣化しませんので、どうぞご安心ください。

ポータブル電源は元が取れますか?

結論から言えば、元が取れる可能性が高いです。ポータブルバッテリーは、災害の停電時で使えるだけじゃなく、車中泊やキャンプ、釣り、現場作業やDIY、庭バーベキューなどのシーンでも大変活躍してくれます。なお、ソーラーパネルをセットで買えば、庭やベランダで太陽光発電もお手軽に始められ、家庭の電力自給自足もある程度実現できるので、電気代の節約にもつながります。Jackery Plusシリーズの場合、寿命が長く毎日一回充放電しても10年間以上も使えるので、活用方法次第で元が十分取れるでしょう。

リン酸鉄系と三元系の違いは何ですか?

三元系リチウムイオンバッテリーとリン酸鉄リチウムイオン電池のもっとも大きな違いは、耐久性とエネルギーの密度にあります。三元系バッテリーの寿命は通常500~2000サイクルとなっていますが、リン酸鉄ポータブル電源の場合、サイクル数がその倍以上となり、耐寒性と耐熱性もより優れているため、一台買えば長くご利用いただます。一方で、リン酸鉄リチウムイオン電池のエネルギー密度が低いため三元系と比べて少し重いです。

 

ポータブル電源と蓄電池の違いを教えてください。

通常、蓄電池と言えば、据付型のものを指しますが、機能から見ると、ポータブル電源は持ち運び型蓄電池とも言えます。蓄電池と同じように、バッテリーに事前に電力を貯めて、貯めた電気を冷蔵庫や電気毛布などの家電に給電します。

据付型蓄電池は、ポータブル電源よりはるかに大きな容量を持っています。小型モデルでも4kWh程度の容量があり、大型の場合10kWhを超えます。一方で、ポータブル電源は、大容量でも2kWh~3KWhぐらいで、蓄電池より小さいが、機種によってバッテリー容量を拡張できます。例えば、Jackeryポータブル電源2000Plusの場合、バッテリーパックの増設で直列の場合最大12Kwh、並列の場合最大24Kwhまで容量を増やせるので、蓄電池に劣らないほどの容量を確保できます。

また、価格上、据付型蓄電池がポータブル電源より高価で小容量モデルでも100万円以上かかり、移動もできません。ポータブル電源の場合、価格が比較的に安く、設置工事もいらずお手軽に導入できるし、電力を自由に持ち運べるので、災害による避難やアウトドアライフで非常に便利のため、家庭用蓄電池としてもおすすめです。

消費電力60Wの家庭用小型冷蔵庫はポータブル電源で稼働できますか?

ポータブルバッテリーでご使用いただく電化機器につきましては、
ご使用いただく電化製品の消費電力をご確認いただき、ポータブルバッテリーの仕様範囲内であればご使用は可能かと存じます。
ただし、一部の機器は起動時に消費電力より大きな起動電力を必要とする場合がございます。
(例:冷蔵庫、エアコン、ヒーター、エアポンプなど。)

ポータブル電源の定格出力の上限値を超えた場合は、電気回路が自動的に調整され、電力が低減され、または保護を起動し、自動で遮断することが考えられます。

Jackeryポータブル電源2000Plusや3000Proの場合、定格出力が3000Wと非常に高いので、ほぼ全ての家電を使えます。冷蔵庫だけではなく、消費電力の高いエアコンや電子レンジなども問題なく稼働できます。

ポータブル電源関連ビデオ

自分にあったポータブル電源を選ぶため、9個知っておくべき用語をご紹介します!

ポータブル電源の容量選びで失敗しないコツをご紹介します!

防災対策の新しい選択肢:「Jackeryポータブル電源」の活用!

ポータブル電源に関する人気記事

ポータブル電源の寿命を延ばす方法

最強のポータブル電源とは

Jackery ポータブル電源の安全性

.
new-customer-close
送信